令和4年度結婚新生活支援事業補助金

公開日 2022年08月24日

令和4年度結婚新生活支援事業補助金

新婚生活応援します!

 これから夫婦として新生活をスタートする世帯を対象に、結婚に伴う新生活のスタートアップにかかる費用(家賃、引越費用等)の支援を行います。

対象となる世帯

(1)次にすべての要件を満たす人

・令和4年1月1日から令和5年3月31日までに婚姻届を提出し、受理された夫婦

・夫婦ともに婚姻日時点で、満39歳以下であること

・補助金申請日において、夫婦の双方または一方が住宅取得もしくは住宅賃貸により居住するまたは引越費用が発生した住宅に居住し、その移住先が当市の住民基本台帳として登録されていること

・夫婦の所得を合算した額が400万円未満であること(年収で換算すると約540万円未満)

※夫婦の双方または一方が離職し、補助金申請日において無職の者は所得がないものとみなす。

※奨学金を返還している場合は、奨学金の年間返済額を夫婦の所得から控除する。

・ライフプランセミナーを受講したこと

・市税の滞納がないこと

 

~ライフプランセミナーについて~

このセミナーは、(公財)いきいき岩手支援財団が運営しております。

令和4年度は、オンラインで12回開催する予定です。

開催予定は、いきいき岩手結婚サポートセンターライフプランセミナー事務局のHPに掲載されています。

いきいき岩手結婚サポートセンターライフプランセミナー事務局HP

 

(2)令和3年度釜石市結婚新生活補助金事業による補助金を受給した夫婦であって、その受給額が一世帯当たりの補助上限額に達しなかった夫婦

対象費用

➀新居の購入費 

※土地購入費は除く

➁新居の家賃、敷金・礼金、共益費、仲介手数料等

➂リフォーム費用

※修繕、増築、改築および整備更新など

※(2)の夫婦については➂は対象外

④引越業者や運送業者に支払った引越費用

※(2)の夫婦については、➀➁④において、令和3年度に対象とした費用は除く

補助金額

(1)の夫婦の場合

  婚姻日に夫婦どちらも満39歳以下・・・上限30万円

  婚姻日に夫婦どちらも満29歳以下・・・上限60万円

(2)の夫婦の場合

  上記当該額から令和3年度に受給した補助金を差し引いた額を上限とする。

申請期間

令和5年3月31日まで

必要書類

〇全員提出する書類

□交付申請書

□夫婦の住民票

□夫婦の戸籍謄本 ※(2)の夫婦は除く

□夫婦の所得証明書、納税証明書

□ライフプランセミナーの受講証明書 ※(2)の夫婦は除く

□振込口座が確認できる通帳など

(①住宅取得の方)

□取得住宅の工事請負契約書、売買契約書、領収書

(➁住宅賃貸の方)

□賃貸借契約書、領収書

□住宅手当支給証明書

(➂リフォームされた方)

□リフォーム費用の契約書

(④引越された方)

□引越費用にかかる領収書

(結婚を機に離婚された方)

□離職票の写し

(奨学金を返済している方)

□貸与型奨学金の返済を証するもの

 

添付ファイル

【R4】釜石市結婚新生活支援補助金交付要綱[PDF:251KB]

様式第1号交付申請書[DOCX:26KB]

様式第2号住宅手当支給証明書[DOCX:19.3KB]

【R4】チラシ[PDF:575KB]

 

この記事に関するお問い合わせ

総務企画部 総合政策課 オープンシティ推進室
住所:〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
TEL:0193-27-8463
FAX:0193-22-2686
お知らせ:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード