環境性能割について

公開日 2019年10月04日

更新日 2019年10月07日

自動車取得税に代わり「環境性能割」が導入されます

令和元年10月1日から、自動車取得税(道府県税)に代わり、

自動車の燃費性能等に応じて自動車の購入時に納付する「環境性能割」が導入されます。

新車・中古車を問わず購入価格が50万円を超える車両が対象です。

これに伴い、軽自動車税分の環境性能割は市町村税となりますが、当分の間は、道府県が賦課徴収を行います

 

軽自動車税(環境性能の税率 ※自家用の乗用車の場合

区分

令和3年4月1日以降に購入

令和元年10月1日から

令和3年3月31日までに購入(ウ)

電気自動車等(ア)

非課税

非課税

★★★★かつ2020年度燃費基準+10%達成車(イ)

非課税

非課税

★★★★かつ2020年度燃費基準達成車(イ)

1.0%

非課税

上記以外

2.0%

1.0%

 

(ア) 電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制からNOx10%低減達成車)をいいます。

(イ) 「電気軽自動車等」を除き、平成30年排出ガス基準50%低減達成車又は平成17年排出ガス基準75%以上低減達成車(★★★★)に限ります。

(ウ) 令和元年10月1日から令和3年3月31日までの間に自家用の乗用車を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減されます。この軽減には中古車も含まれます。

 

従来の軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変わります

令和元年10月1日から、従来の軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されますが、

税率は変更されません

 

 



この記事に関するお問い合わせ

総務企画部 税務課 市民税係
住所:〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
TEL:0193-27-8481
FAX:0193-22-2686
備考:問い合わせメールはこちら