【子宮頸がん予防接種】キャッチアップ接種制度の期限は令和7年3月31日までです

公開日 2023年12月21日

子宮頸(けい)がん予防接種については、平成25年6月14日、厚生労働省より「接種後に持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されていることから、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種※を積極的に勧奨すべきではない」との通知がありました。それ以降、市では積極的な接種勧奨を差し控えておりましたが、令和3年11月26日、厚生労働省より、令和4年4月から積極的な勧奨を再開するよう通知がありました。

 積極的な勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した平成9年度から平成18年度生まれの女性を対象にキャッチアップ接種を、厚生労働省の通知のとおり実施しております。(対象者には通知済・転入者等には随時送付)

 接種を希望される方は、リーフレットや厚生労働省ホームページをご覧になり、理解を深めてから接種を受けましょう。

 ※定期接種とは、法律に基づいて市町村が行う予防接種で、市が費用を負担するため無料で接種を受けることができます。 

●子宮頸がん予防接種を希望される方へ

厚生労働省のリーフレットをご覧いただき、「予防接種の有効性と副反応のリスク」を十分に理解したうえで接種を受けるようお願いいたします。

 厚生労働省ホームページも併せてご覧ください。

★厚生労働省ホームページhttps://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/

 

・女性のみなさんへ・・・子宮頸がんは、予防できる唯一のがんです

 女性特有のがんで、乳がんに次いで、20から30代の発症率が高い「子宮頸がん」。

 毎年、約1万人の女性が新たに子宮頸がんにかかり、約2,800人が命を落としてしまいます。

 子宮頸がんの原因と言われるHPV(ヒトパピローマウイルス)は、性交渉の経験がある方は一度は感染すると言われていま

 す。感染してからすぐがんになるのではなく、細胞の異形成という状態を何年か経てがんになります。

 子宮頸がんを早期発見・治療できれば、妊娠・出産も可能です。

  今から始めてほしい、子宮頸がん予防!

  あなたの子宮を守るために大切な2つのこと。

  予防接種でHPV感染予防20歳を過ぎたら続けよう「子宮頸がん検診」

 あなた自身のため、大切な人のため、未来を担う子供たちのために

 親子で、友人同士で、職場内で一度、子宮頸がんについて話しあってみませんか?

キャッチアップ接種対象期間の期限は令和6年度末(令和7年3月31日)までです

接種機会を逃した方への対応について(キャッチアップ接種)、令和6年度末(令和7年3月31日)まで実施しておりますが、期限が迫っております。

※計3回のワクチン接種費用の助成をうけるためには、遅くとも令和6年9月までに1回目の接種をうけましょう。

 平成9年4月2日から平成19年4月1日生まれの方には案内を送付しております。(転入者等には随時対応)

 案内をご覧になり、接種を希望される方には予診票を発行しますので、市健康推進課までご連絡をお願いいたします。

ご相談ください

 高校2.3年生のみなさん。進学等で釜石を離れる方もいることでしょう。実家にいる間に、親元を離れる前にワクチン接種を検討してほしいと思います。

 すでに釜石を離れている方は、広域予防接種という制度を使い、市外の医療機関で接種も可能です。(事前申請必要です)

 ※キャッチアップ接種対象期間内に限ります。

 広域予防接種を希望する場合は、事前に申請が必要です。

 健康推進課にご連絡ください。

   ・岩手県内(釜石市以外)で接種を受けたい方の申請書はこちら岩手県広域予防接種申請書[PDF:119KB]

   ・岩手県外で接種を受けたい方の申請書はこちら県外広域予防接種申請書[PDF:107KB]

子宮頸がんワクチンのこと、スケジュールや市外の病院で接種を受けたいなど、不明な点や心配なことがある時は、健康推進課までご連絡ください。

お問い合わせ

釜石市保健福祉部健康推進課 保健予防係
電話 0193-22-0179



この記事に関するお問い合わせ

保健福祉部 健康推進課 保健予防係
住所:〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
TEL:0193-22-0179
FAX:0193-22-6375
お知らせ:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
閉じる