【新型コロナワクチン】小児(5歳~11歳)の令和5年秋開始接種のお知らせ

公開日 2023年09月13日

​​​​​小児(5歳~11歳)の追加接種が始まります

小児用の新しいワクチン(オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン)の初回接種、追加接種の薬事承認が令和5年9月1日になされたことを受け、釜石市では次のとおり初回接種(1・2回目接種)、追加接種(3~6回目)を進めます。
追加接種用の接種券は希望者にお送りしますので、接種を希望する場合は、市新型コロンワクチン接種推進室へご連絡ください。
また、初回接種用の接種券を紛失した、接種券が届かないなどの問い合わせも、同様にご連絡ください。

小児接種の「努力義務」適用に関するお知らせ

令和4年9月6日から、オミクロン株流行下での一定の科学的知見が得られたこととして、小児接種の予防接種法に基づく「努力義務」が適用されてきましたが、令和5年9月20日から始まる令和5年秋開始接種においては、64歳以下で基礎疾患のない人は「努力義務」は適用されません。
基礎疾患のある小児にあっても接種は強制ではなく、ご本人や保護者の判断に基づいて受けていただくことに変わりはありません。
なお、努力義務の適用の有無にかかわらず、令和6年3月31日までは、希望者は無料で接種することができます。

※詳細はこちら (厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A)をご覧ください。

対象者

5歳~11歳の人

初回接種(1・2回目接種)できる人

  • これまで新型コロナワクチンを接種しなかった人
  • 11歳までに初回接種を終えていない人(1回目まで接種して、2回目を接種していない人)
    11歳までに初回接種を終えないまま12歳になった人は、初回接種終了までは小児用のワクチンを接種します。

追加接種(3~6回目接種)できる人

令和5年秋開始接種の期間中、追加接種としてXBB対応ワクチンを接種できるのは一人1回です。

  • 小児用のワクチンで初回接種(1・2回目)を終え、3カ月経過した人
  • 小児用のワクチンで追加接種(3~5回目)を終え、3カ月経過した人
  • 乳幼児用のワクチンで初回接種(1~3回目)を終え、3カ月経過した人

※5歳未満のお子さんは、小児用ワクチンを接種できません。生後6カ月~4歳用の乳幼児用ワクチンを使用します。
※接種券到着後、接種前に12歳になった場合は、12歳以上用のワクチンを接種します。小児用の日程では接種できませんので、改めて予約が必要です。
※11歳で1回目の接種後、2回目接種前に12歳になった場合は、2回目も小児用ワクチンを使用します。ただし、3回目以降は12歳以上用のワクチンを接種します。

使用ワクチン

小児用ファイザー社ワクチン(オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン)

令和5年9月20日以降に使用するワクチン

ワクチンの説明書は国から提示され次第、掲載します。

令和5年9月19日まで使用していたワクチン

初回接種(1・2回目接種):小児用従来型ワクチン(ファイザー製)

追加接種(3、4回目接種):小児用オミクロン株対応2価ワクチン(ファイザー製)

 

接種間隔

令和5年9月19日まで使用していたワクチンとは種類が異なりますので、初回接種が完了していない人は接種間隔に特にご注意ください。
初回接種の1回目と2回目で使用するワクチンが変わる場合は「交互接種」となり、1回目と2回目の間隔が通常3週間のところ、4週間になります。

  1回目初回接種 間隔 2回目初回接種 間隔 3回目以降追加接種
同じワクチンを使用した場合1 従来株ワクチン 3週間 従来株ワクチン 3カ月 XBB対応ワクチン
同じワクチンを使用した場合2 XBB対応ワクチン 3週間 XBB対応ワクチン
交互接種の例1 従来株ワクチン 4週間 BA.4-5対応ワクチン
交互接種の例2 従来株ワクチン 4週間 XBB対応ワクチン

乳幼児・小児向けの定期接種、任意接種ワクチンとの接種間隔

乳幼児や小児向けの定期接種(四種混合、日本脳炎など)、任意接種(おたふくかぜなど)ワクチンと、新型コロナワクチンの接種日は、前後2週間の間隔が必要です。
初回接種の1回目と2回目の間に、他のワクチン接種の予定を入れないようご注意ください。なお、インフルエンザワクチンと新型コロナワクチンの同時接種は制度上認められていますが、医師の判断により間隔を空けるように指導される場合があります。あらかじめ医療機関にご相談のうえ、予約してください。

釜石市の定期接種などの情報はこちらをご覧ください。

接種場所・日程

お子さんの体質や体調など、心配な場合はかかりつけ医に相談のうえ、接種の必要性、時期についてご判断ください。

  • 1回目と2回目の間は3週間、追加接種は3カ月必要です。
  • 1回目接種後に12歳になった場合でも、2回目終了まで小児用ワクチンを接種します。
  • 2回目までの1セットの予約を受け付けますので、他のワクチンの定期接種、任意接種との間隔(2週間)にご注意ください。
  • 接種時に体調不良などでキャンセルした人も、改めて予約できます。その際、予約枠に空きがあればどの日程でも予約可能です。
  • インフルエンザワクチンとの同時接種は制度上認められていますが、医師の判断により間隔を空けるように指導される場合があります。あらかじめ医療機関にご相談のうえ、予約してください。

釜石市内・大槌町内の接種場所・日程

初回接種、追加接種とも、予約枠に空きがあればどの日程でも予約可能です。
国からのワクチン供給量、配送時期が不明のため、12月以降の予定は受け付けていません。配送時期が分かり次第、日程を追加します。

医療機関 日程
【釜石市内】
岩手県立釜石病院
  1. 10月19日(木)14時~
  2. 11月9日(木)14時~
  3. 11月30日(木)14時~
接種日程は随時追加します
【大槌町内】
植田医院
大槌町小鎚23-23-1
接種日程は大槌町のコールセンター(0193-27-5670)へお問い合わせください

※医療機関への直接予約はできません。
※インフルエンザワクチン以外のワクチン(四種混合、日本脳炎など)は、新型コロナワクチン接種と前後2週間の間隔が必要です。

釜石市内・大槌町内医療機関の予約方法

他のワクチンとの接種間隔を確認する場合がありますので、お手元に母子健康手帳、お送りした接種券等をご準備のうえ、次の方法で予約してください。
LINE予約、医療機関への直接予約はできません。

岩手県立釜石病院での接種を希望する場合

釜石市新型コロナワクチン接種推進室、新型コロナワクチン接種予約コールセンターへ電話で予約、または市LINEで予約することができます。
令和5年9月19日(火)以降、接種券が届き次第、予約できます。
ご予約の際は、お手元に接種券を用意してからお電話等で予約してください。

  • 市新型コロナワクチン接種推進室(平日8時30分~17時15分)
    0193-22-4567、0193-22-4568
  • 市予約コールセンター(令和5年9月19日(火)9時以降受付開始)
    0120-011-275(祝日を除く月~金曜日、9時~17時)
  • 市LINE(令和5年9月19日(火)9時以降受付開始)
    次のQRコードから画面の指示に従って予約してください。
    一度確定した予約を変更したい場合は、市予約コールセンターへ電話して変更の手続きをしてください。
    LINEQR

大槌町の医療機関(植田医院)で接種を希望する場合

大槌町新型コロナワクチンコールセンターにて予約電話を受け付けます。
TEL:0193-27-5670(平日9時~17時)
医療機関では直接予約を受け付けておりませんのでご注意ください。

接種券の入手方法

  • 1・2回目用接種券:送付済みです。4歳の時にピンク色の接種券を受け取って、接種しないまま5歳になった場合もそのまま使用可能です。
  • 3~6回目用接種券:接種を希望する人は、市新型コロナワクチン接種推進室へお問い合わせください。

※転入などで新たに初回接種用接種券、追加接種用接種券が欲しい場合も、市新型コロナワクチン接種推進室へお問い合わせください。
※接種記録などを確認したうえで該当する接種券を発行します。

釜石市以外での接種を希望する場合

新型コロナワクチンは、原則、住所地で接種します。
釜石市以外での接種を希望する場合は、希望する医療機関、または希望する自治体の新型コロナワクチン担当部署へお問い合わせください。
大槌町の植田医院で接種する場合は、大槌町健康福祉課への問い合わせは不要です。

接種当日の動き

  1. 「接種券付き予診票」にあらかじめ必要事項をご記入ください。ワクチン接種を希望する場合は、予診票の署名欄に保護者の氏名を記入してください。
  2. 接種対象のお子さんと付き添いの保護者の方は、事前にご自宅で検温してください。37.5℃以上の場合は接種できませんので、キャンセルの連絡をしてください。
  3. マスク着用や手指消毒などの基本的な感染対策のうえ、接種会場の受付時間内にご来場ください。ワクチン接種には、保護者の方の同意と立ち合いが必要です。

キャンセルの方法

接種日の前日(平日)までであれば、各予約先(市コールセンター、または大槌町コールセンター)、市新型コロナワクチン接種推進室へご連絡ください。
発熱や体調不良など、接種当日にやむを得ずキャンセルする場合は、接種会場となる医療機関、集団接種の場合は市新型コロナワクチン接種推進室(0193-22-4567)へご連絡ください。

一般的な接種会場での流れ

一般的には次の順番で接種を進めます。

  1. 入場後の受付:記入済みの予診票、身分証明書などをご準備ください。
  2. 問診・診察:予診票、母子健康手帳、お薬手帳をご準備ください。
  3. 接種:コートなどの上着はあらかじめ脱いでお待ちください。
  4. 母子健康手帳へ接種記録の記入:市内では接種記録用紙の空き枠に接種の記録を記載します。忘れずにご持参ください。
  5. 接種後の状態観察:アレルギーなどの有無により15~30分の待機時間となります。

接種後の副反応、ワクチンの安全性

接種券に同封したワクチンの説明書のほか、厚生労働省では、新型コロナワクチンの有効性や安全性、接種後の副反応について最新の情報を公開しています。

【厚生労働省】新型コロナワクチンの有効性・安全性について新しいウィンドウで外部サイトを開きます(外部リンク)

【厚生労働省】新型コロナワクチンの副反応について新しいウィンドウで外部サイトを開きます(外部リンク)

ワクチン接種後に体調が優れないとき

次のような症状 があるときは、遠慮せずお近くのスタッフに伝えください。

  • じんま疹
  • 息苦しさ
  • 嘔気(持ちが悪い )
  • 嘔吐 (吐いてしまう )
  • 腹痛
  • 頭重感や頭痛
  • 物が二重に見える
  • 目の前が暗くなる
  • クラクラしてめまいがする
  • 接種部位などがしびれる

持ち物(念のため郵送した封筒の中身は全てご持参ください)

  1. 記入済みの「接種券付き予診票」:予診票にあらかじめ記入してご持参ください。消えないボールペンで記入してください。
  2. 身分証明書:お子さんの健康保険証、マイナンバーカードなど。
  3. 母子健康手帳:接種記録は接種記録用紙(母子健康手帳に貼付)へ行います。忘れずにご持参ください。
  4. お薬手帳:医師からお薬を処方されている場合はご持参ください。

参考資料

以下の情報は、リンク先によって令和4年度の情報の場合があります。

厚生労働省

公益社団法人日本小児学会

公益社団法人日本小児科医会

岩手県リーフレット

岩手医科大学付属病院小児科予防接種外来、岩手県医師会、岩手県は次のリーフレットを作成しています。

ファイザー社提供パンフレット

相談窓口

新型コロナワクチン接種に関する相談は、お子さんのかかりつけ医の他、次の相談先へご連絡ください。

接種前の相談や、接種後の副反応など専門的知見が必要な相談

岩手県新型コロナワクチン専門相談コールセンター
TEL:0120-895-670(土日祝日を含む8時~20時)

休日、夜間の救急外来

岩手県立釜石病院
TEL:0193-25-2011

新型コロナワクチンに関する相談

釜石市 新型コロナワクチン接種推進室
TEL:0193-22-4567
TEL:0193-22-4568

この記事に関するお問い合わせ

保健福祉部 健康推進課
住所:〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
TEL:0193-22-0179
FAX:0193-22-6375
お知らせ:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
閉じる