認知症高齢者徘徊SOSネットワーク事業「どこシル伝言板」を開始します。

公開日 2021年10月18日

更新日 2021年10月28日

「どこシル伝言板®」の運用を開始します

 市では、認知症高齢者の徘徊事故発生時の早期発見・早期保護を図り、安全をサポートする取り組みとして「認知症高齢者徘徊SOSネットワーク事業」(←クリックすると同事業の紹介ページへ)を実施していますが、従来の取り組みに加え、11月から新たに「どこシル伝言板®」の運用を開始します。

 このシステムは、QRコードラベルを活用した情報共有サービスで、大まかな内容は下記イメージ及びPDFファイルの通りとなります。

どこシル伝言板A4チラシ[PDF:1.71MB](←下記イメージのA4リーフレットPDFです)

不安そうな高齢者等を見かけた場合は…

 下記のQRコードラベル(「かまリン」が一緒にデザインされたもの)を貼った人が、一人で不安そうにしていたら、ゆっくりと「どうされましたか? お手伝いすることはありませんか?」と、相手を驚かせないように声をかけ、可能でしたら手持ちの携帯電話やスマートフォンで読み取ってくださるようお願いします。

 また、それが難しい場合は、最寄りの警察や交番への通報をお願いいたします。

「どこシル伝言板®」イメージ

申請様式等

(様式1)釜石市認知症高齢者徘徊SOSネットワーク登録申請書兼個人情報使用同意書[DOC:37KB]

(様式2)釜石市認知症高齢者徘徊SOSネットワーク登録書[DOC:41KB]

(様式3)どこシル伝言板登録シート[DOCX:32.6KB]

(様式3)〈記入例〉どこシル伝言板登録シート[DOCX:40.4KB]

この記事に関するお問い合わせ

保健福祉部 高齢介護福祉課 地域包括支援センター
住所:〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
TEL:0193-22-2620
FAX:0193-22-6375
備考:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード