新型コロナウイルス感染症に関する情報

公開日 2020年02月04日

更新日 2021年07月23日

更新情報(令和3年7月23日):県内及び市内の感染者数等の情報(市民の皆さまへの赤字の箇所)
更新情報(令和3年7月6日):新型コロナウイルス感染症に関する支援制度ガイドブック(第6版)
更新情報(令和3年6月29日):釜石保健所管内の感染症患者に関する情報
更新情報(令和3年6月24日):市内の感染症患者に関する情報 

市民の皆さまへ

 これまでに公表されている県内の感染者は1887名(7月23日現在・前日から8名の増加)となっており、市内では14名、釜石保健所管内としては3名方の感染が確認されております。
 全国的な感染が続いており、引き続き十分な警戒が必要です。

 医療機関などで働く方々や、そのご家族に対しても差別・偏見・誹謗中傷が見られ、心を悩ませている方がおられます。差別・偏見・誹謗中傷は、決して許されることではありません。新型コロナウイルス感染症の本当の怖さは、病気が不安を呼び、不安が差別を生み、差別を受けることが怖くて受診をためらい、病気の拡散につながる負の連鎖を生むことです。これまでも繰り返しお願いしてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症は、全国どこでも、誰もが感染する可能性があります。市民の皆様には、思いやりの気持ちをもって、冷静に行動していただきますよう繰り返しお願いいたします。


【市内の感染症患者に関する情報】


<岩手県HPリンク>
判明した日 年代 性別 職業 備考
14例目(県内1653例目) 令和3年6月23日 50代 男性 会社員  

13例目(県内1275例目)

令和3年5月18日 50代 女性 非公表 接触歴あり
12例目(県内901例目) 令和3年4月28日 40代 男性 会社員 県内867例目の接触者
11例目(県内858例目) 令和3年4月26日 40代 男性 会社員 接触歴あり(県外の患者)
10例目(県内786例目) 令和3年4月19日 80代 女性 無職 9例目の濃厚接触者
9例目(県内781例目) 令和3年4月18日 70代 男性 無職  
8例目(県内444例目) 令和3年1月12日 50代 男性 自営業 4例目の濃厚接触者
7例目(県内394例目) 令和3年1月2日 30代 男性 自営業 4例目の濃厚接触者
6例目(県内389例目) 令和2年12月31日 30代 男性 会社員 4例目の濃厚接触者

5例目(県内388例目)

令和2年12月31日

20代 男性 会社員 4例目の濃厚接触者
4例目(県内385例目) 令和2年12月30日 20代 男性 会社員  

3例目(県内170例目)

令和2年11月25日 30代 女性 会社員 県内162例目の濃厚接触者

2例目(県内110例目)

令和2年11月19日 20代 男性 会社員 1例目の同居家族
1例目(県内109例目) 令和2年11月19日 20代 女性 無職  


【釜石保健所管内として公表のあった感染症患者に関する情報】
※釜石保健所管内(釜石・大槌地区)として、市・町の特定公表はしておりません。


 <岩手県HPリンク>      
      判明した日     年代 性別 職業                      備考                        

県内1670例目

令和3年6月28日 40代 男性 自営業 ・居住地:県外(釜石保健所管内滞在)
・1669例目の濃厚接触者
県内1669例目 令和3年6月28日 30代 女性 自営業 居住地:県外(釜石保健所管内滞在)
県内1547例目 令和3年6月9日 30代 男性 会社員 接触歴あり

【岩手県新型コロナウイルス感染症関連情報(県内感染症患者数等)】
 

 釜石市長からのお願い(市長メッセージ)

 東京都、京都府、大阪府及び兵庫県を対象地域として、4月25日から5月11日までの期間、3度目となる緊急事態宣言が発令されており、感染拡大が止まらない状況が続いております。

 市内でも、今月に入り、新たに感染された方3人確認されており、十分な注意と警戒が必要です。

 特にも、従来株より感染力が強いとされる変異株は、県内でも確認されていることから、変異株による感染を拡大させないためにも、新たな感染者を増やさないことが重要となります。 

 これからゴールデンウィークを迎えるにあたり、人の移動や集まりの機会が増えると思われますので、これまで以上に基本的な感染予防対策に努めていただくほか、市民の皆様には、次のことをお願いいたします。

 「緊急事態宣言の対象地域」と「まん延防止等重点措置区域」との往来については、感染拡大防止の観点から、不要不急の帰省や旅行などは控えていただくようお願いいたします。

 そのほか、「感染が拡大している地域」や「外出の自粛等が要請されている地域」との往来については、慎重に判断していただくようお願いいたします。

  家庭内においても、マスクの着用、手洗い、咳エチケット、室内の換気、湿度の調整などの基本的な感染防止対策を徹底し、特にも高齢者や基礎疾患のある方のご家族などは、十分な配慮と注意をお願いいたします。

 毎日の体温測定など、毎日の健康状態を確認し、発熱や咳などの症状が見られたときには、外出を控え「かかりつけ医」または「受診・相談センター」に電話で相談の上、受診してください。

 新型コロナウイルス感染症は、誰もがどこでも感染する可能性があります。

 思いやり、支えあいの気持ちを持ち、医療機関、社会福祉施設、家庭や職場での感染が拡大しないよう、改めて一人ひとりができる感染防止対策に努めましょう。

 今月26日から、高齢者の皆様を対象とした新型コロナワクチンの接種予約を開始しておりますが、予約が殺到したため、電話がつながり難い、予約のために来院したが混み合っていて時間がかかったなど、皆様方に大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

 混み合ってはおりますが、十分な量のワクチン供給が確定しており、必ず接種できますので、冷静に対応していただくようお願いいたします。


                                                                                  令和3年4月28日 

                           釜石市新型コロナウイルス感染症対策本部

                           本部長 釜石市長 野 田 武 則
 

○緊急事態宣言発令地域など、移動の注意が必要な地域の確認はこちらから  ⇒感染が拡大している地域(岩手県新型コロナウイルス感染症対策本部調べ)

○感染リスクが高まる5つの場面 ⇒感染リスクが高まる「5つの場面」[PDF:516KB]

○釜石市作成の「新しい生活様式」の実践例はこちら ⇒「新しい生活様式」を習慣に![PDF:462KB]                                        

●これまでの市長メッセージ

 


新型コロナウイルス感染症に関する支援制度ガイドブック

市は、「新型コロナウイルス感染症に関する支援制度ガイドブック」を作成し、市役所本庁舎(市民課)や各地区生活応援センター(公民館)で配布しています。

※第6版(令和3年7月1日現在)に更新しました。

○ダウンロードはこちらから 

    【第6版】⇒【第6版】釜石市新型コロナウイルス支援制度ガイドブック(R3.7.1現在)[PDF:1.11MB]
 【第5版】⇒【第5版】釜石市新型コロナウイルス支援制度ガイドブック(R3.6.1現在)[PDF:1.1MB]
 【第4版】⇒【第4版】釜石市新型コロナウイルス支援制度ガイドブック(R3.3.18現在) [PDF:1.03MB]
 【第3版】⇒【第3版】釜石市新型コロナウイルス支援制度ガイドブック(R2.10.12現在)[PDF:1.11MB]
 【第2版】⇒【第2版】釜石市新型コロナウイルス支援制度ガイドブック(R2.9.16現在)[PDF:1.08MB]
 【第1版】⇒【第1版】釜石市新型コロナウイルス支援制度ガイドブック(R2.7.17現在)[PDF:1.09MB] 

 

釜石大槌「地域外来・検査センター」月別実施状況

 地域内の検査体制の整備・拡充を図ることを目的に設置している釜石大槌「地域外来・検査センター」の実施状況(PCR検査件数)をお知らせします。

 ○令和2年6月9日開設/【実施主体】釜石市、【協力機関】釜石医師会、大槌町、釜石保健所

 ※釜石大槌「地域外来・検査センター」で診療やPCR検査を受けるためには、医療機関からの受診紹介が必要です。


                        令和3年3月末現在

   検査件数    結果(陽性) 結果(陰性)
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
22 22

 

発熱などの症状のある方の相談・受診方法

※令和2年11月1日から、全県的に発熱などの症状のある人の相談・受診の方法が変わりました。

1.かかりつけ医に電話で相談できるようになりました。

 まずは、かかりつけ医など、地域の身近な医療機関に電話で相談しましょう。

2.相談する医療機関に迷ったら「受診・相談センター(旧帰国者・接触者相談センター)」に相談しましょう

 かかりつけ医がない方、どの医療機関に相談したらよいか迷う場合には、「受診・相談センター」に電話で相談しましょう。

 ※ 同センターでは「診療・検査医療機関」を紹介します。

●発熱などの症状がある人を対象とした相談 「受診・相談センター」

 電  話:019-651-3175 

 受付時間:24時間 全日(土日・祝日を含む)

●予防法などの一般的な相談 「新型コロナウイルス感染症相談窓口」

 電  話:019-629-6085

 受付時間:9時~21時 全日(土日・祝日を含む)

●聴覚に障がいのある方など電話での相談が難しい方はファクスでも受付をしますのでご利用下さい。

 ファクス:019-626-0837

 受付時間:24時間 全日(土日・祝日含む)

新型コロナウイルスについてファクス相談票[PDF:72.3KB]

新型コロナウイルスについてファクス相談票[DOCX:19.9KB]

 

<相談する際の症状の目安>  ※5月8日変更 相談する症状の目安を変更しました。

 少なくとも、以下のいずれかに該当する場合には、すぐに、ご相談ください。
(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
 1.息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
 2.重症化しやすい方(※)や妊婦の方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)などの基礎疾患のある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
 3.上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合、症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。
   症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合には、すぐに相談してください。
   解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。
   ※小児の場合も上記を目安にしてください。
 
 

3.相談後に医療機関を受診するときのお願い

  1. 保健所から受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
  2. 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。
  3. 医療機関を受診する際には、公共交通機関の利用は控え、マイカーでの移動をお願いします。

◎コロナウイルスとは?

  • ヒトや動物の間で感染症を引き起こすウイルスです
  • これまで、6種のウイルスにより「ヒト」に感染症が引き起こされています
  • 深刻な呼吸器疾患を発症するSARS(サーズ:重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)、MERS(マーズ:中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、たとえ感染しても風邪など,重度でない症状にとどまるとされています。

◎ひとりひとりが感染予防策に努め、冷静に対応しましょう

新型コロナウイルス感染症は、現在「ヒトからヒト」への感染が認められておりますが、現時点で岩手県内での流行が認められている状況ではありません。
ひとりひとりが、感染拡大予防策について関心をもち、正しく実践することで、市内での感染症拡大を予防するように努めましょう。

  1. コロナウイルスは咳などによる飛沫感染や、ウイルスで汚染された手指を介する接触感染(たとえばウイルス保菌者が触ったドアノブやつり革を別の人が触って)により拡大します。
  2. 季節性インフルエンザ予防対策と同様に「咳エチケット」や「手洗い」に加えて「アルコール消毒剤」を活用するなど、市民の皆さまは、過剰に心配することなく、通常の感染症対策を行うことが大切です。
  3. 咳エチケット等に加えて、口腔内を清潔にたもつこと、十分な休養と規則正しい食生活など日常生活における対策もお願いします。
  4. 海外から来られた方は、自宅など指定された場所で2週間待機していただくなど、国の水際対策に係る要請に従うようお願いします。
 

厚生労働省 新型コロナウイルス電話相談窓口

  • 電話番号 0120-565653
  • 受付時間 9:00~21:00(土日、祝日も対応しています)
  • 聴覚に障がいのある方をはじめ、電話相談が難しい方 FAX03-3595-2756

◎詳しい情報については厚生労働省ホームページ、岩手県ホームページをご覧ください

 

◎釜石市新型インフルエンザ等対策行動計画について

市では、平成26年3月に策定した「釜石市新型インフルエンザ等対策行動計画」に基づき新型コロナウイルス感染症対策を進めています。

(計画)釜石市新型インフルエンザ等対策行動計画(H26.3.25策定)[PDF:546KB]

(概要)釜石市新型インフルエンザ等対策行動計画概要版[PDF:235KB]

 

この記事に関するお問い合わせ

保健福祉部 健康推進課
住所:〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
TEL:0193-22-0179
FAX:0193-22-6375
備考:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード