児童手当額の改定

公開日 2018年01月31日

更新日 2018年02月01日

釜石市で児童手当を既に受給している方で、第2子以降の出生等により対象となるお子さんが増えた場合等は、額改定認定請求書を釜石市に提出する必要があります。

額改定認定請求に必要なもの

1.児童手当・特例給付額改定認定請求書(様式)[PDF:180KB]

 記入例[PDF:183KB]

2.認印(シャチハタ等のスタンプ印は不可)

注1 単身赴任等により児童と別居している場合は、別居監護・生計同一の申立書が必要です。(お子さんのマイナンバーを必ず記入してください。)

  児童手当・特例給付別居監護申立書(様式)[PDF:56.2KB]

  記入例[PDF:76.7KB]

注2 里帰り出産等で出生届を釜石市以外に提出する場合であっても、必ず出生の翌日から14日以内に額改定認定請求書を提出してください。

ご注意ください

児童手当は原則として請求月の翌月から支給します。認定請求が遅れると児童手当の支給開始月も遅れてしまいます。

手続きが遅れた場合に、遅れた分の手当は受け取ることことができなくなりますので、お早めの手続きをお願いします。



この記事に関するお問い合わせ

保健福祉部 子ども課
住所:〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
TEL:0193-22-5121
FAX:0193-22-6375
備考:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード