マイナンバーカードは公的な身分証明書として利用できます

公開日 2020年04月20日

マイナンバーカードは、顔写真付きの公的な身分証明書として利用できます。
※ 通知カードは、顔写真が付いていないため、公的な身分証明書としては利用できません。
運転免許証やパスポートなどをお持ちでない方、お子様の身分証明書としても利用可能ですので、この機会に作ってみてはいかがでしょうか?

マイナンバーカードについては、こちらをご参照ください。
マイナンバーカードとは(マイナンバーカード総合サイト(地方公共団体情報システム機構))

ご自身で申請されるときは

次の4つの申請方法から、ご自身にあったものをお選びください。

  • 郵便による申請
    通知カード(マイナンバーが記載された紙のカード)と顔写真(印刷されたもの)が必要です。
     
  • スマートフォンによる申請
  • パソコンなどによる申請
    通知カードと一緒に送られた個人番号カード交付申請書と顔写真(携帯電話やデジタルカメラで撮影したもの)が必要です。
     
  • まちなかの証明写真機からの申請
    通知カードと一緒に送られた個人番号カード交付申請書が必要です。

詳しい申請方法については、こちらをご参照ください。
マイナンバーカード交付申請(地方公共団体情報システム機構))

釜石市役所においてマイナンバーカードの申請のお手伝いをします

市では、マイナンバーカードの申請のお手伝いをしています。
必要となる顔写真は、市の職員が撮影しますので必要ありません。
詳しくは、こちらをご参照ください。
釜石市役所においてマイナンバーカードの申請のお手伝いをします

この記事に関するお問い合わせ

総務企画部 総務課
住所:〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
TEL:0193-27-8411
FAX:0193-22-2686
お知らせ:問い合わせメールはこちら