【釜石市×オーストラリア】ホストタウン交流PR動画ができました

公開日 2020年06月19日

更新日 2020年06月19日

2017年11月、釜石市はオーストラリアを相手国とし「復興『ありがとう』ホストタウン」として登録され、以後、青少年を中心に交流事業を行ってきております。

登録のきっかけとなった、震災時に支援活動を行ったスコット・ファーディー選手(当時釜石シーウェイブスRFC所属、元ラグビーオーストラリア代表)を招聘し、小学生との交流、高校生へのラグビー指導、市民との交流を行ってきました。

2019年の交流事業

オーストラリアの小学生を招聘して市内小学校での国際交流や、市内小学校対抗タグラグビー交流大会への参加、津波伝承施設を活用し防災学習を実施したほか、昨年のRWC2019釜石開催に合わせてスコット・ファーディー選手を招聘し、オーストラリア高校生と岩手県選抜高校生のラグビーによる交流と、両国の食材を活用して一緒におむすびを作り食文化の交流(せかいむすび)を行いました。

交流の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

【動画】ホストタウン交流事業「釜石市×オーストラリア」

https://youtu.be/8XY7o1etz2M

(クリックすると外部サイト youtube につながります)

 

2020年以降の交流事業

釜石市は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功へ向けて交流事業を継続するとともに、震災時にいただいた支援に対する感謝を伝え、震災の復興と現状を伝えながらオーストラリアの選手及び関係者の方々を大会後にお迎えする予定です。詳細については、事業が決定次第、あらためてお知らせいたします。

 

 

この記事に関するお問い合わせ

文化スポーツ部 国際交流課
住所:〒026-0031 岩手県釜石市鈴子町22番1号 シープラザ釜石2F
TEL:0193-27-5713
FAX:0193-31-1170
お知らせ:問い合わせメールはこちら