ラグビーワールドカップ2019日本大会 フィジー代表対ウルグアイ代表の試合結果報告

公開日 2019年11月30日

更新日 2020年04月14日

◆試合結果◆

日時:2019年9月25日(水)14時15分 キックオフ

試合結果:フィジー代表 27 対 30 ウルグアイ代表

入場者数:14,025人

世界ランク10位のフィジーと世界ランク19位のウルグアイが対戦。前評判では、フィジー代表が優勢と言われていたが、

試合序盤から両チームが闘志溢れるプレーを見せ、譲らない展開に。試合終盤にウルグアイ代表のバチェシ選手が、この日

6本目となるキックで値千金のゴールを決めてリードを広げ、終了間際にフィジー代表にトライを許すも、30対27で逃げ切り、

歴史的な勝利となった。歴史的な試合を目の当たりにした観客達も大いに盛り上がった。

試合前の国歌斉唱                 試合の流れを左右するスクラム

ウルグアイ代表の華麗なトライ           フィジー代表の必死のディフェンス

◆当日のスタジアムの様子◆

当日は、試合前に様々なイベントが行われ、スタジアムではこども達による復興支援への感謝のビッグフラグの掲出と、

釜石市内の全小中学校の児童・生徒(14校2,228人)による「ありがとうの手紙」の合唱の披露などにより、国内外から

来場した約14,000人の観客と各種メディアを通じた発信により、復興支援への感謝と復興に力強く取り組む姿を国内外に

発信した。また、試合直前にはブルーインパルスの展示飛行や選手入場後に東日本大震災で亡くなられた方々への黙祷

を選手・観客全員で行った。

子ども達による「ありがとうの手紙」の合唱     子ども達による復興支援への感謝のメッセージの掲出

◆当日のファンゾーン開催内容◆

日時:9月25日(水)9:00~21:30

会場:釜石市民ホールTETTO

テーマ:「一生に一度だ!DAY」

■ステージイベント

・オープニングトークショー

・開催国紹介PR

・一生に一度だ!トークショー(サンドウィッチマン・松尾雄治)

・RWC見どころ・振り返りトークショー

・餅まき

・ワイン&ラムナイト

◆釜石開催ファンゾーンの開催結果◆

大会公式ファンゾーンは、RWC2019開催期間中に、大型スクリーンによるパブリックビューイングや、ステージイベント、ラグビーの普及活動などが行われる飲食ブースを併設し、大会公式のイベントスペースとして、全国各地に設置されたもの。RWC2019ファンゾーンin岩手・釜石は、全国最長となる28日間開催し、(台風の影響により2日間中止)全41試合のパブリックビューイングやステージイベント、ラグビー体験、ケータリングのほか、復興情報の発信及び釜石で行う4カ国の紹介コーナー等、岩手・釜石開催独自の企画も盛り込んで開催した。釜石での試合開催日の当日は、5,323人の方が来場し、トークショーや餅まきなど様々なイベントで大いにに盛り上がった。また、釜石で開催した全28日間で38,982人の方が来場し、RWC2019日本大会を楽しみました。

◆ファンゾーンの様子◆

サンドウィッチマンによるトークショー       餅まきを楽しむ来場者

関連HP・SNS

□かまいし情報ポータルサイト縁とらんす:https://en-trance.jp/rugby新しいウィンドウで外部サイトを開きます

□釜石鵜住居復興スタジアム 公式ホームページURL :  https://kamaishi-stadium.jp/新しいウィンドウで外部サイトを開きます

□〃Facebook : https://www.facebook.com/Kamaishistadium/新しいウィンドウで外部サイトを開きます

□〃Twitter : https://twitter.com/kama_stadium新しいウィンドウで外部サイトを開きます

この記事に関するお問い合わせ

文化スポーツ部 スポーツ推進課 ラグビーのまち推進係
住所:〒026-0031 岩手県釜石市鈴子町22番1号 シープラザ釜石2F
TEL:0193-27-5712
FAX:0193-31-1170
備考:問い合わせメールはこちら