ごみ減量への3R

公開日 2015年01月22日

更新日 2019年08月29日

ごみを減らし、循環型社会を形成していくためのキーワードが「3R」です。3Rとは、Reduce、Reuse、Recycleの頭文字をとったものです。
また、3Rは順番が大切です。まず、出すごみをできるだけ減らす(Reduce)ことから始め、次に、使えるものは何度も繰り返し使う(Reuse)、そして使えなくなったら再生利用(Recycle)しましょう。

できるだけごみを出さない 『R』educe(リデュース:減らす)

ごみを減らす一番大切な方法は、なるべくごみを出さないことです。計画的な買い物などでなるべくごみを減らしましょう。

何度も繰り返し使う 『R』euse(リユース:再使用)

自分ではもういらなくても、誰かが必要としている場合もあります。いらなくなったものをごみとして捨てる前に、何かに使えないか考えしょう。

分別をキチンとして資源に再生して使う 『R』ecycle(リサイクル:再資源化・再生利用)

どうしてもごみになってしまうものはキチンと分別し、資源ごみの収集や集団資源回収に出しましょう。

 

3Rのポイント

 

 Reduce(減らす)

  • 買い物にはマイバッグなどを持参し、レジ袋をもらわないようにしましょう。
  • 過剰な包装は断り、簡易包装にしてもらいましょう。
  • 量り売り、ばら売りなどを上手に活用し、必要な量だけを買うようにしましょう。
  • 食料品は計画的に購入し、使い切るようにしましょう。
  • 使い捨て商品を選ばないようにしましょう。
  • 生ごみは堆肥化するなど減量化を図り、ごみに出す場合には水気をよく切りましょう。

  

Reuse(再利用)

  • マイボトルやマイはしを持ち歩きましょう。
  • お酒やジュースは再使用(リターナブル)ビンを選び、ビンは販売店に返しましょう。
  • 家具や家電製品などは長く大切に使いましょう。
  • 使わなくなった家具や家電製品、衣類などはリサイクルショップやフリーマーケットに出しましょう。
  • 着られなくなった衣類はリフォームしたり、ぞうきんなどに再利用しましょう。
  • 詰め替え商品や繰り返し使える商品を利用しましょう。

 

Recycle(再資源化)

  • 資源になるものは資源物の回収や集団資源回収に出しましょう。
  • 再生品やリサイクル可能な材料や構造、容器包装の商品を積極的に選びましょう。
  • ペットボトルや食品トレイなどは買い物の際、スーパーなどの店頭回収を利用しましょう。

 

釜石市のごみ減量化施策

生ごみ処理容器等購入費補助金⇒ 生ごみを堆肥化させるための処理容器等を購入された方に補助金を交付します。

資源物回収事業推進奨励金⇒ 集団資源回収を行なった団体に奨励金を交付します。

 



この記事に関するお問い合わせ

市民生活部 生活環境課 リサイクル推進係
住所:〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
TEL:0193-27-8453
FAX:0193-22-2199
備考:問い合わせメールはこちら