岩手県の津波シミュレーション

公開日 2013年07月05日

更新日 2013年07月05日

岩手県の津波シミュレーション

岩手県では、明治29年の三陸沖地震津波、昭和8年の三陸沖地震津波、そして今後30年以内に発生すると予想されている宮城県沖連動地震津波(想定)をシミュレーションしました。
そのうち、最も被害が発生すると予想される明治29年の三陸沖地震が釜石市へ到達する津波がどのくらいの時間でどう襲ってくるかを3次元(立体)のアニメーションで表現しています。

東日本大震災津波前のものです。

アニメーション ←『アニメーション』は左の画像をクリックしてご覧になれます。(wmvファイル)

Windows Media Player

※「アニメーション」をご覧いただくためにはWindows Media Playerが必要です。
上記アイコンをクリックして、ダウンロードいただけます。
アニメーションは、Windows Media Player9及び10で動作確認を行っています。

※シミュレーションとは・・・コンピュータ上で仮想の地震や津波を起こした結果をコンピュータグラフィックで表現したもの。

東日本大震災津波前のものです。

防災行政無線

この記事に関するお問い合わせ

危機管理監 防災危機管理課
住所:〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
TEL:0193-27-8441
備考:問い合わせメールはこちら