4月は若年層の性暴力被害予防月間です

公開日 2022年03月14日

性犯罪・性暴力は、被害者の尊厳を著しく踏みにじる行為であり、心身に長期にわたり重大な悪影響を及ぼします。

10代から20代の若年層を狙ったAV出演強要、JKビジネス、SNS利用に起因する性被害、セクシュアルハラスメント等の性犯罪・性暴力は、未熟さに付け込んだ許しがたい重大な人権侵害であり、決して許されるものではありません。

特に4月は、進学や就職等で若年層の生活環境が大きく変わり被害に遭うリスクが高まる時期であることから、内閣府では4月を「若年層の性暴力被害予防月間」として広報や啓発を集中的に実施しています。

また、令和4年4月1日から民法の一部を改正する法律(平成30年法律第59号)が施行され、成年年齢が20歳から18歳に引き下げとなることから、18歳になると一人で有効な契約をすることが可能となり、未成年者取り消しができなくなるため、AV出演強要及びJKビジネス問題等、若年層の性暴力被害の深刻化が懸念されます。

内閣府男女共同参画局では、被害の実態や被害にあわないための対策、相談窓口等についてお知らせし、こうした問題に対する正しい理解を促進しています。自分自身が被害者とならないために、正しい知識を身につけましょう。

R4若年層の性暴力被害予防月間リーフレット[PDF:1.05MB]

詳細は、下記の内閣府のホームページをご覧ください。

参考リンク

内閣府男女共同参画局「 若年層の性暴力被害予防月間 」

この記事に関するお問い合わせ

総務企画部 総合政策課 男女共同参画室
住所:〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
TEL:0193-27-8413
FAX:0193-22-2686
お知らせ:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード