低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)について

公開日 2021年05月18日

更新日 2021年07月15日

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)を支給します。

支給対象者

①令和3年4月分の児童手当又は特別児童扶養手当の受給者で、令和3年度分の住民税均等割が非課税の方(申請不要)

※令和3年度の住民税が未申告の方を除きます。未申告の方で該当になる方は、税務課で速やかに申告を行ってください。

② ①のほか、18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある児童(障がい児については20歳未満)を養育する方で次のいずれかに該当する方(要申請)

(1)令和3年度分の住民税均等割が非課税の方

(2)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和3年度分の住民税均等割が非課税である方と同様の水準まで収入が下がった方

※高校生のみ養育している方や令和4年2月末までに生まれる新生児も対象です。

※すでにひとり親世帯として給付金を支給された方は、本給付金は対象外となります。ひとり親世帯向けの給付金については、こちらを併せてご確認ください。

※(2)の場合、父母がともに児童を養育しているときは、父母のうち原則として所得が高い方で審査します。

判定方法については、以下のファイルをご確認ください。

家計急変の該当基準と判定方法について[PDF:365KB]

支給額

児童1人当たり一律5万円

支給手続き

申請が必要な場合と不要な場合があります。

①に該当する方(申請不要です)

支給予定者には、ハガキでお知らせを6月30日に発送しました。7月16日(金)に、令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当受給口座に振り込みます。

そのほか住民税が未申告だった方で、申告後、本給付金の該当になる方へも速やかに振込を行う予定です。その際は、ハガキ等でお知らせします。

②に該当する方(申請が必要です)

令和3年7月1日(木)~令和4年3月15日(火)の期間で申請を受付けています。

※所属庁から児童手当を受けている公務員の方は、申請にあたって、所属庁から児童手当を受給していることの証明を受ける必要がありますのでご注意ください。

申請書類は子ども課窓口で配布するほか、以下からもダウンロードできます。

住民税非課税の方の申請書類

申請に必要な書類のチェックリスト[PDF:370KB]

申請書[PDF:391KB]

申請書(記入例)[PDF:486KB]

令和3年1月以降に収入が下がった方の申請書類

申請に必要な書類のチェックリスト[PDF:406KB]

申請書[PDF:391KB]

申請書(記入例)[PDF:486KB]

収入額の申立書[PDF:252KB]

収入額の申立書記入例[PDF:347KB]

配偶者からの暴力を理由に避難している場合

配偶者からの暴力を理由に児童と避難している場合、避難先で給付金を受け取れる場合があります。

配偶者に給付金が支給される前に手続きを行う必要がありますので、まずは子ども課までお問い合わせください。

関連リンク

厚生労働省ホームページ「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金」について

 

この記事に関するお問い合わせ

保健福祉部 子ども課
住所:〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
TEL:0193-22-5121
FAX:0193-22-6375
備考:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード