AI(人工知能)技術の利活用(実証実験)に係るアイディアの公募について

公開日 2020年10月06日

更新日 2020年10月06日

岩手県では、長期的な視点に立って、岩手らしさを生かした新たな価値・サービスの創造などの先導的な取組を進めていくため、「いわて県民計画(2019~2028)」長期ビジョンに11の「新しい時代を切り拓くプロジェクト」を掲げ、戦略的・積極的に推進していくこととしています。

この度、第4次産業革命技術を用いたプロジェクトの取組を更に加速するため、AI技術を用いて、県・企業・関係機関等が連携・協働しながら、産業の高度化やイノベーションの創出、地域課題や生活分野への導入を促進するアイディアを募集します。

AI技術は、多様な分野で実用化や実証化が進められてきておりますが、県内においても、さらにAI活用の検討を進め、AIの特性を生かし、活用を促すことにより、産業の高付加価値化や持続的可能な社会の実現を目指します。

1  募集するアイディアの内容

  • 単なる先端技術の導入やAI技術が組み込まれた高機能製品・システムの購入だけでなく、企業の生産性向上や付加価値の創出、社会課題の解決、県民の健康・介護・福祉の生活分野のサービス向上等につながる取組やアイディアを募集するものです。
  • AI技術のみの活用に限定せず、IoTやビッグデータなどの先端技術を活用するSociety5.0の推進に関連する内容を対象とします。
  • テーマや分野の限定はありませんが、県内企業の生産活動の向上や地域課題の解決に資する提案とし、【産業振興】【生活環境】【公共サービス】の3区分による応募を想定しています。

2  応募対象者

学生(高校生以上)、企業(事業者)、大学、NPO、市町村(グループによる応募も可)
(注意1) 応募者(団体)の所在地は問いません。
(注意2)個人による応募は対象外とします。(組織・団体として取り組むものを対象とします)

3  応募要件

次の1から6までの要件を全て満たす提案とします。

  1. 県内企業の経営課題や地域課題の解決に資する提案であること
    (注意)自治体内部業務の効率化・IT化等を図るものは対象外とし、公共サービスの提供(県民・外部向け)に影響をもたらすもの
  2. 令和3年4月~9月の間に検討に着手できる提案であること(取組や検討が複数年度に及ぶことは構わないこと)
  3. 県に対する単なる提案や提言、要望ではなく、実施主体に県及び応募者(団体)を含む具体的な実施(可能性を含む)やプロジェクト化を前提とする内容であること
  4. 県以外の実施主体が自立していくことにより、将来的に自走していく可能性がある提案であること
  5. 政治的活動ではないこと
  6. 法令や公序良俗に反しないこと

4  応募方法

  • 応募用紙に必要事項を記載のうえ、募集期間内にメール又は郵送で提出してください。
  • 応募から2週間以内に受付完了メールが届かない場合は、電話にてお問い合わせください。

5  募集期間

令和2年10月1日(木曜)~ 11月30日(月曜)

6  応募書類提出先・お問い合せ先

〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
岩手県商工労働観光部商工企画室 新産業育成担当 松本宛て
電子メール:AE0001@pref.iwate.jp
電話番号:019-629-5529

7 その他

岩手県HPはこちら

この記事に関するお問い合わせ

産業振興部 商工観光課 商工業支援係
住所:〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
TEL:0193-22-2111
FAX:0193-22-2762
備考:問い合わせメールはこちら