【募集上限人数となりました】奨学金の返還を支援します

公開日 2022年07月15日

更新日 2022年08月05日

募集上限人数の方からお問い合わせをいただきましたので、受付を中断しております。

お問い合わせいただき、申請準備を行っている方については、8月19日をめどにご提出をお願い申し上げます。

【注意】

令和3年度に当該補助金の受給を受けた方については、今回の募集に関わらず、令和4年度分の申請が可能です。申請については、別途書面による通知を行っておりますので、そちらをご確認ください。

==========================================================

若年層(34歳以下)のUIターン・市内企業への就業を促進するため、釜石市に移住し市内に就業する方を対象として、1年間に返還した奨学金を対象に最大12万円補助します。

申請できる方の要件

 次の(1)から(7)までの要件をすべて満たす方が申請することができます。

(1) 令和4年3月1日以降に、大槌町以外から転入した(釜石市に住民票を置く)方で、転勤などの一時的な移住ではなく、生活の本拠を市内に移し、かつ3年以上市内に定住する意思があること。
(2) 大学、短期大学又は専修学校の専門課程又は通信教育課程に進学し、在学している期間に奨学金の貸与を受け、修了(卒業)後、奨学金の返還が発生又は残額があること。
(3) 令和5年3月31日時点で満34歳以下であること。

(4) 市内において就業していること。(ただし、国家公務員又は地方公務員を除きます。)

(5) 他の類する奨学金返還支援制度を利用していないこと。
(6) 住民税に滞納がないこと。

(7) 下記の「対象となる奨学金」の貸与を受け、現に返還が発生又は返還残額があること。

 

対象となる奨学金

対象となる奨学金は下記のとおりです。

(1)  独立行政法人日本学生支援機構の奨学金   
(2)  あしなが育英会の奨学金
(3)  公益財団法人交通遺児育英会の奨学金
(4)  地方自治体が貸与する奨学金

上記以外の奨学金の貸与を受け、現に返還が発生又は返還残額がある方は、下記問い合わせ先までご相談ください。

 

申請の募集について

申請期限 令和4年8月19日(金)まで

 【注意事項】

 予算に限りがあるため、予算上限に到達次第、募集を取り止めます。

 また、当該期間内にて予算上限に到達しない場合は、再度募集を行う可能性があります。 

 募集期間が終了あるいは募集取り止めとなっている場合でも、該当となる方は下記まで

 メールにてお問い合わせください。

 

申請に必要な書類について

① 奨学金貸与証明書 奨学金貸与機関が発行する奨学金の貸与を証するもの。
② 学校等終了証明書 学校などを修了したことが確認できるもの。
③ 就業証明書

所定の様式に基づき、勤め先の事業者が作成してください。

④ 交付申請書 所定の様式に持づき、作成してください。
⑤ 住民票 釜石市の住民票の写しをご準備ください。
⑥ 納税証明書 釜石市の前に住んでいた自治体から取得してください。

所定の様式がある「③就業証明書」「④交付申請書」は

「しごとくらしサポートセンター(イオンタウン釜石2階)」で

配付しているほか、こちらからダウンロード出来ます。

交付申請書[PDF:92.9KB]

就業証明書[PDF:69.7KB]

手続きについて

申請に必要な書類を「しごとくらしサポートセンター(イオンタウン釜石2階)」までご持参ください。

不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

【営 業 時 間】10時から18時15分まで(土日・祝日:担当者不在)

【連絡先アドレス】iju@city.kamaishi.iwate.jp

【担     当】移住定住相談センター 藤井、山﨑

営業時間内の来訪が難しい場合は、ご連絡ください。

【備考】令和3年度に補助金の交付を受けた方には、別途ご連絡のとおり、申請することが可能です。不明なことがあればお問い合わせください。

 

補助金額について

補助金額は令和4年度(2022年4月~2023年3月)に申請者が返還する額に対して

月あたり1万円を上限に、年額12万円を上限に、1,000円に満たない額を

切り捨てた額を補助金額とします。

なお、繰上償還による奨学金の返還額は含みません。

また、1,000円に満たない額は切り捨てた額を補助金額とします。

【参考例】

【月額1万円以上返還している方の例】

①Aさんは2022年4月から2023年3月までの令和4年度内の⦅12か月間⦆で

 <月額15,000円>を返済し、180,000円を返済する。

 

【Aさんが申請した場合の補助金額】

月あたりの返済額が月額の補助上限額は1万円のため、<月額15,000円>のうち、【10,000円】が補助されます。

よって、【10,000円】×⦅12か月⦆=120,000円となり、補助金額は12万円となります。

 

【月額1万円未満の返還をしている方の例】

②Bさんは2022年7月から2023年3月までの令和4年度内の⦅9か月間⦆で

 <月額9,000円>を返済し、81,000円を返済する。

 

【Bさんが申請した場合の補助金額】

月あたりの返済額が月額の補助上限額である1万円以内のため、

<月額9,000円>のうち、【9,000円】が補助されます。

よって、【9,000円】×⦅9か月⦆=81,000円となり、補助金額は8万1千円となります。

 

【繰上げで返還を行った方の例】

③Cさんは2022年4月から2023年3月までの令和4年度内の⦅12か月間⦆で

 <月額9,000円>を返済し、年81,000円を返済する。

 また、12月に5万円を繰上償還した。

 

【Cさんが申請した場合の補助金額】

月あたりの返済額が月額の補助上限額である1万円以内のため、

<月額9,000円>のうち、【9,000円】が補助されます。

繰上償還分については補助対象とならないことから、

【9,000円】×⦅12か月⦆=108,000円となり、補助金額は10万8千円となります。

 

この記事に関するお問い合わせ

産業振興部 商工観光課 移住定住相談センター
住所:〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
TEL:0193-27-7222
FAX:0193-27-6277
お知らせ:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード