釜石市中小企業振興資金融資制度にかかる据置期間の特例措置について(新型コロナウイルス感染症関連)

公開日 2020年05月08日

更新日 2020年05月08日

新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けている釜石市中小企業振興資金利用者の資金繰り支援策として、元金返済の据置期間を2年まで延長します。

 

特例措置の概要

 釜石市中小企業振興資金融資にかかる元金返済の据置期間は1年以内と定められていますが、新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けている事業者が当面の資金繰りのために元金返済の据置を希望する場合に対応するため、据置可能期間を特例として1年延長し、2年以内とします。

 ※ただし、次の最長融資期間を超える条件変更はできません。
  ・運転使途 7年以内 (経営安定資金の場合は 10年以内)
  ・設備使途 10年以内

 

対象者

 次のいずれにも該当する中小企業者
  ① 新型コロナウイルス感染症関連のセーフティネット保証4号または危機関連保証の認定を受けた事業者
  ② 令和2年5月1日の時点で釜石市中小企業振興資金融資を受けている事業者

 

特例適用の申請期間

 令和2年5月1日(金)~ 12月28日(月)

 

申請方法

 ご利用の金融機関にご相談ください。

 ※ 融資条件の変更には、別途金融機関及び信用保証協会による審査があります。

 

据置期間の特例措置(リーフレット)[PDF:239KB]

 

釜石市中小企業振興資金融資制度について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

この記事に関するお問い合わせ

産業振興部 商工観光課 商工業支援係
住所:〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
TEL:0193-22-2111
FAX:0193-22-2762
備考:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード