新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!

公開日 2020年03月24日

更新日 2020年03月24日

新型コロナウイルスに便乗した消費者トラブルの相談が全国の消費生活センター等に寄せられています。

【相談事例】

 ・「マスクを無料送付する」とURL付きのショートメッセージが携帯に届いた

 不審なメールやショートメッセージが届いたら無視しましょう。URLなどをクリックすると個人情報が不正取得されたりする

 可能性があります。

【相談事例】

 ・新型コロナウイルスの流行拡大の影響で金の相場が上がるとして、金を買う権利を申し込むように言われた

 怪しい投資を勧誘され、話に少しでも怪しいと思うところがあったら、その場できっぱりと断りましょう。

【相談事例】

 ・保健所を装って個人情報を聞き出そうとしてきた

 金銭的な被害はないものの、消費者の個人情報を入手したり、所在を確認する意図で電話をかける、いわゆる「アポ電」の

 可能性が考えられます。少しでも怪しいと感じたらすぐに電話を切り、応じないようにしましょう。

 

今後、色々な手口で悪質な勧誘が行われる可能性もあります。少しでもおかしいと感じたら、消費生活センターにご相談ください。

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!(国民生活センター)

 

 

この記事に関するお問い合わせ

市民生活部 生活環境課 消費生活センター
住所:〒026-8686 岩手県釜石市只越町3丁目9番13号
TEL:0193-22-2701
FAX:0193-22-2702
備考:問い合わせメールはこちら