風しんの第5期の定期予防接種を行います

公開日 2019年05月25日

更新日 2020年07月01日

2019年度から2021年度までの3年間に限り、予防接種法上、風しんの定期予防接種を受ける機会のなかった男性(昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれ)が、風しん第5期定期予防接種の対象者に追加されました。

今年度のクーポン券送付対象者には7月上旬にクーポン券を発送しますので、届いた人は風しん抗体検査を受けましょう。

また、抗体検査の結果、抗体が十分でなかった場合は予防接種を受けましょう。

風しんとは 

風しんは発熱や発疹を主な症状とし、飛沫(ひまつ)により人から人へ感染する力が強い感染症です。風しんの抗体のない女性が妊娠中(特に妊娠初期)に風しんに感染すると、胎児もウイルスに感染し、難聴・先天性心疾患・白内障を主な症状とする「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

今年度のクーポン券送付対象者

・昭和41年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性

・昨年度の対象者(昭和47年4月2日~昭和54年4月1日)で、抗体検査や予防接種を受けていない男性

※昭和37年4月2日~昭和41年4月1日生まれの男性は来年度の対象者となっていますが、今年度検査を受けたい場合は市までお問い合わせください。

クーポン券有効期限

2021年3月31日(水)まで

費用

無料

実施方法

予防接種の前に抗体検査を実施し、抗体検査の結果が基準値より低い人のみ、予防接種を1回実施。

持参する物

①市から送付されたクーポン券

※他市町村から釜石市に転入した人は、他市町村のクーポン券は使えません。市健康推進課にお問い合わせください。

※他市町村へ転出した人は、釜石市が発送したクーポン券は使用できません。転出先の市町村へお問い合わせください。

②本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)

③過去の風しん罹患の検査記録、平成26年4月1日以降の風しん抗体検査記録、過去の風しん予防接種記録をお持ちの場合はご持参ください。

④(予防接種を受けるとき)抗体検査の結果

抗体検査及び予防接種が受けられる医療機関

釜石市内及び大槌町内の実施医療機関一覧はこちらです。

釜石市内及び大槌町内の実施医療機関一覧(113 KB pdfファイル)

厚生労働省ホームページに全国で受けられる医療機関の一覧表が掲載されています。

※住民票のある市区町村のクーポン券を持参すれば、全国の協力医療機関において抗体検査・予防接種が受けられます。

厚生労働省 風しんの追加的対策のホームページ

予防接種を受けた後の注意事項

接種後、発熱や発疹等の副反応が起こることがありますので、接種後24時間は症状の出現に注意し、特に接種後30分程度は医療機関で様子を観察するか、医師とすぐ連絡がとれるようにしましょう。

接種後は接種部位を清潔に保ち、接種当日は過激な運動を避けるようにしましょう。

接種後、接種部位の異常反応や体調の変化があれば、必ず医師の診察を受けましょう。

 



この記事に関するお問い合わせ

保健福祉部 健康推進課
住所:〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
TEL:0193-22-0179
FAX:0193-22-6375
備考:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード