母子父子家庭、寡婦についての婦人相談

公開日 2015年12月11日

更新日 2019年04月05日

母子家庭や父子家庭、寡婦の方が利用できる貸付制度や相談窓口を紹介します。

貸付には保証人が必要となります。

審査の結果ご希望に添えない場合があります。

詳しくは下記にお問い合わせ下さい。

こちらもご覧ください。

(岩手県ホームページに移行します)

母子家庭、父子家庭、寡婦とは

母子家庭・父子家庭とは

 

次に該当する方で、20歳未満の児童を扶養してる家庭をいいます。
※配偶者とは、内縁関係(事実上婚姻関係と同様の事情にある場合)を含みます。

  • 配偶者と死別した女子(男子)で現に婚姻をしていない方
  • 配偶者と離婚した女子(男子)であって現に婚姻をしていない方
  • 配偶者の生死が明らかでない女子(男子)
  • 配偶者から遺棄されている女子(男子)
  • 配偶者が海外にあるためその扶養を受けることができない女子 (男子)
  • 配偶者が精神または身体の障害により長期にわたって労働能力を失っている女子 (男子)
  • 配偶者が法令により長年にわたって拘禁されているためその扶養を受けることができない女子 (男子))
  • 婚姻によらないで母(父)となった女子(男子)で現に婚姻をしていない方
寡婦とは

配偶者のない女子であって、かつて配偶者のない女子として20歳未満の児童を扶養していたことのある方

婦人相談

女性が悩みごとや心配ごとをかかえ、どうしたらよいか迷っているとき、相談員が一緒に考えながら支援します。

相談内容

生活全般に関すること、家庭の問題、配偶者や親しい男性からの暴力(ドメスティックバイオレンス、DV)に関すること。



この記事に関するお問い合わせ

保健福祉部 子ども課
住所:〒026-0025 岩手県釜石市大渡町3丁目15番26号
TEL:0193-22-5121
FAX:0193-22-6375
備考:問い合わせメールはこちら