釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)建設現場見学 タウンミーティング

公開日 2016年06月22日

更新日 2016年07月06日

東日本大震災・熊本地震被災児童自立
『DAN CARTER Charity for All』Japan Tour July 2016
~Support Our Kids~
釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)建設現場見学タウンミーティング

ラグビー界の至宝ダン・カーター氏が、釜石の子ども達にエールを送る。

ラグビー界の至宝ダン・カーター氏が東日本大震災で被災した釜石の子ども達にエールを送り、釜石の子どもたちを世界に羽ばたかせるため、さらに、2019年のラグビーワールドカップに向けたキックオフとするため、会場となる現在整備が進行中の釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)の建設現場で、近隣にお住いの皆さん、震災まで鵜住居地区にお住まいだった皆さんや、多くの釜石の皆さんとスタジアムの見学会とラグビーを活用した交流イベントを開催します。

名実ともに世界No.1の選手を目にすることができる、大変貴重な機会です。是非、会場にお集まり下さい。

日時

平成28年7月17日(日)午前9時00分~午前10時30分

会場

釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)建設現場 ※旧鵜住居小学校・釜石東中学校跡地
(住所:釜石市鵜住居町第18・19地割)

プログラム

8:30 開場
9:00 ダン・カーター氏、清宮克幸氏、他ゲスト入場
9:05 歓迎挨拶 釜石市 野田武則市長
9:10 地元歓迎セレモニー ○鵜住居青年会のみなさんによる「鵜住居虎舞」 ○釜石東特設合唱部による「合唱」
9:30 ダン・カーター氏、清宮克幸氏、他ゲストによる「キックオフトーク」
10:00 ダン・カーター氏、他ゲストとラグビーキッズとの「キックオフセッション」
10:30 終了予定

※荒天時の場合はプログラムの一部を変更する場合がございますので、予めご了承ください。
※餅まき、バルーンリリースもあわせて開催します

参加

地元住民、一般市民の参加自由

ゲスト

○Dan Carter(ダン・カーター)

1982年、クライストチャーチ生まれ。クライストチャーチボーイズハイスクール卒業、カンタベリーでプレーし、2003年クルセイダーズでスーパー14に出場。同年オールブラックス初キャップ後、2004年からオールブラックスの不動のスタンドオフ。テストマッチ個人通算ポイント歴代最多記録、ワールドラグビー年間最優秀選手3回。2011年ワールドカップでは大会中の負傷で出場できず2015年カムバックし連覇に貢献。現在は仏トップ14のラシン92に所属。

○清宮 克幸(きよみやかつゆき)

1967年、大阪府生まれ。茨田高校から早稲田大学1990年卒業後、サントリー入社。高校日本代表をはじめチームの主将としてリーダシップを発揮。2001年早稲田大学の監督に就任し、2003年、2005年、2006年と3度の全国優勝を果たす。その間、ワセダクラブ創設、「奥・井ノ上イラク子ども基金」を発起した。2006年サントリーサンゴリアス監督に就任。2007年マイクロソフトカップ優勝。2011年ヤマハ発動機ジュビロ監督就任。同年6月、チームを率いて釜石に被災地支援に訪れ震災後初のラグビー試合を実現した。2015年日本選手権優勝。

○Andrew McCormick(アンドリュー・マコーミック)

1967年、クライストチャーチ生まれ。クライストチャーチボーイズハイスクール卒業、カンタベリーでプレーし、1993年から東芝府中に所属。1996年から日本選手権3連覇。1998年から日本代表主将。RWC1999ウェールズ大会出場。東芝府中ヘッドコーチを経て2002年釜石シーウェイブスRFCに移籍。2004年に拡大枠の日本選手権に出場を果たし釜石ラグビーの中興を担う。2005年コカ・コーラウエストジャパンのコーチ、2009年NTTドコモレッドハリケーンズのヘッドコーチとして共にトップリーグ昇格を果たす。2012年から関西学院大学ヘッドコーチ。2016年から摂南大学コーチ。

○小野 晃征(おのこうせい)

1987年、愛知県名古屋市生まれ。1歳でクライストチャーチに移住。クライストチャーチボーイズハイスクール卒業、ニューブライトンでプレーしニュージーランドU19候補となる。2007年日本代表スコッド入りし、福岡サニックスブルースに移籍し、RWC2007出場。2012年からサントリーサンゴリアスに所属。RWC2015南アフリカ戦、サモア戦、アメリカ戦に出場。

※敬称略

司会

佐野よりこ(釜石市鵜住居町出身)ほか ※敬称略

その他

  • 会場となる建設現場は開催当日のみ見学可能です。
  • 駐車場は指定駐車場のみの使用に限らせていただきます。

主催

釜石市、DAN CARTER Charity for All 実行委員会

共催

Support Our Kids実行委員会、ラグビーワールドカップ2019釜石開催支援連絡会、鵜住居地区復興まちづくり協議会、釜石市ラグビーフットボール協会

協賛

八芳園、第71回国民体育大会釜石市実行委員会、はまと神経内科クリニック、中田薬局、鵜住居地域会議

注意事項

  • 荒天時の場合は会場が変更となる場合があります。
  • 会場となる建設現場は開催当日のみ見学可能です。
  • 駐車場は指定駐車場のみの使用に限らせていただきます。

【タウンミーティング】チラシ[PDF:3.56MB]

DAN CARTER Charity for All とは?

東日本大震災と同じく、5年前に大地震の被害に見舞われたニュージーランド・クライストチャーチ市出身であるカーター氏が、東日本大震災、熊本地震で被災した子ども達の自立を支援するために来日するチャリティ企画。

7月16日(土)から18日(月)までの間、福岡市、釜石市、八幡平市、東京都と、日本各地を巡り、チャリティイベントを実施します。

詳しくはこちら

Support Our Kidsとは?

「東日本大震災被災時の自立支援」、「復興のリーダーづくり」を目的に2011年に発足した、10年間継続プロジェクト。。主たる活動は、ニュージーランドをはじめ、世界11か国の大使館や外務省と連携し実施している「海外ホームステイを通じた被災時の自立心育成活動」。

これまでに海外に渡った子ども達は296名を数える(2016年2月現在)

この記事に関するお問い合わせ

文化スポーツ部 スポーツ推進課 ラグビーのまち推進係
住所:〒026-0031 岩手県釜石市鈴子町22番1号 シープラザ釜石2F
TEL:0193-27-5712
FAX:0193-31-1170
備考:問い合わせメールはこちら

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード