釜石市の北西部に立地する橋野鉄鉱山は、幕末から明治期にかけて日本の産業化の先駆けとなった重工業分野(製鉄・製鋼、造船、石炭産業)における産業遺産群明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業の構成資産として、ユネスコ世界遺産に登録されました。

平成28年8月30日の台風10号の影響により、橋野鉄鉱山へ続く道路が一部通行止めになっております。
橋野鉄鉱山(橋野高炉跡)は、遺跡の保全と見学路の修復が必要なため見学できません。
橋野鉄鉱山インフォメーションセンターは、断水のため臨時休館しています。
詳細はこちらをご覧ください。
橋野鉄鉱山一様見渡し真写之図 

 世界遺産登録決定!のページは、こちらへ。 

 橋野鉄鉱山の見学のページは、こちらへ。

 橋野鉄鉱山の主な取り組みのページは、こちらへ。

 釜石の歴史(鉄づくりの歴史)のページは、こちらへ。

 世界遺産の基礎知識のページはこちらへ。 

 明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業のホームページは、こちらへ。


 

 橋野鉄鉱山パンフレット
 
  


 

 釜石市立鉄の歴史館

近代製鉄の父・大島高任をはじめ、釜石の鉄づくりの先人たちの業績や、鉄と釜石の関わりを模型や資料で展示しています。橋野三番高炉を原寸大に再現し、音と光と映像によって釜石の鉄の歴史を紹介するシアターは必見です。

釜石市立鉄の歴史館のページは、こちらへ。
 


 

 図書のご紹介大島高任写真 

釜石の鉄づくりの歴史に貢献した盛岡藩士・大島高任の生涯を描いた図書が発売されています。

 大島高任日本産業の礎を築いた「近代製鉄の父」』

  • 著者 半澤周三  
  • 発行所 株式会社PHP研究所
  • 定価 2,000円(税別)


下記にてお買い求めください。
釜石市教育センター
住所:釜石市鈴子町15番2号

釜石市立鉄の歴史館
住所:釜石市大平町3丁目12番7号

釜石市橋野鉄鉱山インフォメーションセンター
住所:釜石市橋野町第2地割6番地

 ・釜石市観光物産協会
住所:釜石市鈴子町22番1号(シープラザ釜石内) 
 


 

 嚶鳴(おうめい)協議会

釜石市は、ふるさとの先人を通して、よりよき21世紀のまちづくり、人づくり、心そだてのあり方を探り、実現していくことを目的とした嚶鳴協議会に参加しています。

平成27年度嚶鳴フォーラムin東海

平成27年10月31日に東海市で行われました。

平成26年度嚶鳴フォーラムin小田原

平成27年1月30日に小田原市で行われました。

平成25年度嚶鳴フォーラムin田原

平成26年2月14日に田原市で行われました。

平成24年度嚶鳴フォーラムin米沢

10月13日(土)山形県米沢市において、『「なせばなる!」~これからを生き抜く上杉鷹山のこころ~』をテーマに開催されました。
また、フォーラムにおいては、嚶鳴協議会長である鈴木東海市長から野田釜石市長に対し釜石支援の決議書が手渡されました。決議の内容は、ラグビーワールドカップの誘致や震災メモリアルパーク、グリーンベルト(津波の被害を軽減する緑地マウンド)への植樹などで協議会加盟自治体が釜石市を支援するというものです。決議の詳しい内容は、こちら
(906 KB pdfファイル) をご覧ください。

平成23年度嚶鳴フォーラム in 東海~釜石からのメッセージ~

東海市教育委員会のページは、こちらへ。


嚶鳴フォーラムのページは、こちらへ。