世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産橋野鉄鉱山は

幕末、西洋技術である高炉を導入した製鉄所です。

この頃の製鉄は高炉燃料そして還元剤として木炭を使っていました。

このことから、橋野鉄鉱山の木炭供給源となった森林も世界遺産の

範囲となっています。

 

市と林野庁東北森林管理局ではこの森を保護し、後世に伝えていくため

「橋野鉄鉱山郷土の森協定」を締結しています。

 

世界遺産価値や世界遺産の構成資産としてあるべき森林の姿を広くみなさまに

ご理解いただくため、林野庁三陸中部森林管理署と共催で本事業を毎年開催し

ています。

 

今年度は下記日程で行いますので、ぜひご参加ください!!

 

 

 1 開催日時  令和元年10月22日(火・祝)  10:00~12:00

本国有林はかつて御料地であったことから今回は天皇陛下の

即位礼正殿の儀に合わせ、育樹祭を開催することとしました。

 

2 開催場所  釜石橋野町字橋野第一国有林356は1林小班

(橋野高炉跡三番高炉東側)など

集合場所:三番高炉前

 

3 作業内容  森林の清掃作業

スギの人工林の除伐、枝打ち、鋸での作業

4 申  込  10月11日(金)までに下記にご連絡ください。

 

釜石市産業振興部世界遺産課

TEL:0193-22-8846 FAX:0193-24-3629

E-mailhashino@city.kamaishi.iwate.jp

 

5 そ の 他  駐車場は橋野鉄鉱山インフォメーションセンター駐車場を

ご利用ください。