「小さく生んで、大きく育てる──近代製鉄の父・大島高任と明治の日本を築いた先人たち」をテーマに、先人の知恵や経験から普遍的な人間の英知を再発見し、よりよき地域への道を学び、実践していくことを目的とした「嚶鳴フォーラムin釜石」を開催いたします。

フォーラムの一環として、作家の童門冬二先生、高橋克彦先生の記念講話が行われます。ぜひご参加ください。

 

日時

11月17日(土)10時20分~11時50分(10時開場予定)

場所

釜石市民ホール TETTO ホールA

入場

無料、事前申込み不要。

満員の場合は入場をお断りさせていただきます。ご了承ください。

内容

○講師:童門 冬二 氏(作家)

演題「大島高任と明治の先人が、現代に語りかけるもの」

○講師:高橋 克彦 氏(作家・釜石市出身)

演題「歴史から未来へ~ふるさと・釜石への思い」

聞き手:村松 文代 氏(IBC岩手放送アナウンサー兼ニュースデスク)

※演題は変更となる可能性があります

参考

嚶鳴フォーラムin釜石チラシ チラシ表(1,130 KB pdfファイル) チラシ裏(460 KB pdfファイル)

嚶鳴協議会ホームページ https://www.tokai-arts.jp/oumei_forum/

問い合わせ

市生涯学習文化スポーツ課(☎22-8835)