Rugby World Cup 2019™ in KAMAISHI

 

2019(平成31)年に開催される「ラグビーワールドカップ2019」日本大会の国内12開催地の一つとして当市が選定されました。3年後に開催される大会の成功に向けて、様々な情報を発信していきたいと思います。

 

放課後ラグビープログラム岩手県釜石市クラス、全日程終了

スポーツ庁の委託を受けて、(公財)日本ラグビーフットボール協会が9月7日から釜石市球技場で実施してきた「放課後ラグビープログラム」が、11月16日(水)、第10回を終え、全日程を終了しました。

  

参加した22人の子ども達は、コーチをされた釜石シーウェイブスの松原裕司氏、長田剛氏、中野裕太氏の指導の下、毎回楽しみながら成長していきました。

また、コーチの松原氏、長田氏、中野氏も、そうした子ども達との触れ合いを大変喜んでいました。 

   

   

子ども達が頑張った様子は、こちらからご覧ください。

 

各地でラグビーイベントが開催!

ラグビーへの注目が高まる中、各地でラグビーイベントが開催されています。

釜石市からも、たくさんのイベントへの出展がありました。

フリスポ2016でラグビーカフェ出展

10月23日(日)、グランディ・21で開催されたフリスポ2016にラグビーカフェが出展。

2002年にはサッカーワールドカップが開催されたピッチで、今度はラグビーワールドカップ2019™に向けて、来場者に向けた釜石ラグビーの情報発信とラグビー体験が展開されました。

宮城県では、9月17日(土)に引き続いての出展となりました。

 

ラグビーチャリティーフェスティバル@京橋で被災3都市が出展

同じく10月23日(日)、東京の京橋では、ラグビーワールドカップ2019™の開催都市である、岩手県・釜石市、熊本県・熊本市、大分県の3都市を応援すべく、日本橋・京橋まつりの一環として、「ラグビーチャリティーフェスティバル@京橋」が開催されました。

東京の中心地で道路を封鎖し、ストリートラグビーやライブで大いに盛り上がりました。

 

 

仙人峠マラソンでランナーに向けてラグビー情報を発信

10月30日(日)、釜石市の一大イベントである仙人峠マラソンが実施されました。

ここに、ラグビーカフェが出展するだけでなく、釜石シーウェイブス非公認マスコットのなかぴー・なかりんが駆けつけ、会場を盛り上げました。

ゲストランナーの谷川真理氏、吉田香織氏がトライフォトの撮影を体験されたのをはじめ、日頃マラソンに励むランナーや関係者の皆さんに、ラグビーへの関心を持ってもらいました。

 

 

ラグビーカフェ釜石で英語教室がスタート

11月6日(日)、ラグビーカフェ釜石で、「ラグビーのまち・釜石」を広く世界に発信しようと、参加者自らで英語のキャッチコピーを考える全3回の講座が始まりました。

オーストラリアから赴任した、国際交流員のエミリーさんの力を借りて、第1回は、日本語と英語の発想や感覚の違いを学びました。

  • 第2回 11月26日(土) キャッチコピーの翻訳練習をします
  • 第3回 12月18日(日) 実際に英語のキャッチコピーを考えます

 

お申し込み・お問い合わせはこちら

2016年11月下旬~ イベント予定

ラグビーワールドカップ2019™釜石開催にあたり、"ラグビーのまち・釜石"らしい、ラグビーを通じた地域の活性化と、ラグビーのさらなる普及・発展のため、今後様々なイベントが催されます。

ご興味・ご関心のある方は、ふるって足をお運びください。

 

日時

イベント

場所

 11/26(日)11:00~

ラグビーカフェ釜石英語教室~Coolなキャッチコピーを考えよう!~

 ラグビーカフェ釜石

 12/11(日)10:00~

 ボランティア通訳リーダーズ講座

 青葉ビル

 12/18(日)11:00~

ラグビーカフェ釜石英語教室~Coolなキャッチコピーを考えよう!~

 ラグビーカフェ釜石

  イベントカレンダー(2016年11月更新)(263 KB pdfファイル)