Rugby World Cup 2019 in KAMAISHI

 

2019(平成31)年に開催される「ラグビーワールドカップ2019」日本大会の国内12開催地の一つとして当市が選定されました。3年後に開催される大会の成功に向けて、様々な情報を発信していきたいと思います。

 

717日、ダン・カーター釜石に立つ!】

717日(日)、ラグビー界の至宝ダン・カーター氏が東日本大震災で被災した釜石の子ども達にエールを送り、釜石の子どもたちを世界に羽ばたかせるため、さらに、2019年のラグビーワールドカップに向けたキックオフとするため、釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)の建設現場で、スタジアムの見学会とラグビーを活用した交流イベントを開催しました。

当日は開会直前まで小雨に見舞われたものの、ゲストであるダン・カーター氏、清宮克幸氏、アンドリュー・マコーミック氏、小野晃征氏が到着すると雨はやみ、閉会まで天気も待ってくれました。

野田武則市長からの歓迎の挨拶に続き、釜石東中学校特設合唱部による合唱、鵜住居青年会お皆さんによる鵜住居虎舞でゲストの皆さんを歓迎しました。

ゲストの皆さんからは釜石市をはじめとした多くの方に向けた熱いエールを頂きました。ダン・カーター氏からは、スタジアム建設への期待と、また釜石に帰ってくるとのお言葉をいただきました。

ゲストの皆さんには、集まったラグビーキッズとともにパスをつないでいただきました。

最後に、鵜住居町出身の佐野よりこ氏の唄の披露と、釜石恒例の餅まきをして、プログラムは無事終了しました。

  

  

   

 

  

【八幡平市で岩手県民体育大会ラグビーフットボール競技が開催】

○釜石市からは2チームが参加

68回を迎えた岩手県民体育大会ですが、723日・24日の2日間、八幡平市鬼清水球技場でラグビーフットボール競技が開催されました。

A~Cのレベル別ブロックに分かれ、各ブロック4チーム、計12チームがトーナメント方式で試合をしました。釜石市からは、釜石クラブと釜南パニックスの2チームが出場し、釜石クラブはAブロック準優勝、釜南パニックスはCブロックで優勝を収めました。

○ラグビーカフェも出展

ラグビー好きの集まりに誘われて、ラグビーカフェも出展しました。

すっかりお馴染みとなったボール入れコーナーで遊ぶお子さんのみならず、ラグビーファンからラグビーワールドカップ2019釜石開催について熱心にご覧になる方もいらっしゃいました。

 

【ラグビーカフェ釜石で各種イベント】

○キャンドルワークショップ

7/17(日)、スクラム東北ライドGOを企画し、自転車ツアーで釜石まで駆けつけてくれたスクラム釜石の皆さんのお手伝いを受けながら、ラグビーカフェ釜石でジェルキャンドルの手作り教室が開講しました。

 

○ビーズ教室

7/30(土)、ラグビーカフェ釜石でビーズを使った手作りアクセサリー教室が開講しました。

  

今後も、様々な体験講座を実施していきます。

ラグビーカフェ釜石では、ラグビーだけでなく、市民の皆さんが交流するためのイベントを積極的に企画していきます。

ホームページ等で随時お知らせしていきますので、どうぞお気軽にご参加ください。

 

【2016年8月~ イベント予定】

ラグビーワールドカップ2019の釜石市開催にあたり、“ラグビーのまち・釜石”らしい、ラグビーを通じた地域の活性化と、ラグビーのさらなる普及・発展のため、今後様々なイベントが催されます。

ご興味・ご関心のある方は、ふるって足をお運び下さい。

 

・8/6(土)17:00~ 釜石応援チャリティーマッチ

(会場)キヤノンスポーツパーク

・8/7(日)15:00~18:00 ゆかたで夕涼みラグビーカフェ出展

(会場)大町広場

・8/13,14 ラグビーワールドカップ™スタンプラリー

(会場)ラグビーカフェ釜石、釜石情報交流センター、小島かふぇ

・8/27(土)12:00~ 釜石ラグビッグドリーム

(会場)釜石市球技場

イベントカレンダー(2016年8月更新)(282 KB pdfファイル)