Rugby World Cup 2019 in KAMAISHI

 2019(平成31)年に開催される「ラグビーワールドカップ2019」日本大会の国内12開催地の一つとして当市が

選定されました。4年後に開催される大会の成功に向けて、様々な情報を発信していきたいと思います。


【国内開催地】

岩手県釜石市、②札幌市、③埼玉県熊谷市、④東京都、⑤神奈川県横浜市、⑥静岡県、⑦愛知県豊田市、

⑧大阪府東大阪市、⑨神戸市、⑩福岡県福岡市、⑪熊本県熊本市、⑫大分県

 

  (仮称)釜石鵜住居復興スタジアム 完成イメージ図 

 

 【ラグビーワールドカップとは】

   オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ世界三大スポーツイベントの一つで、ラグビーの世界一(ナショナルチーム)を決定する世界選手権大会です。1987(昭和62)年に第1回大会がニュージーランド、オーストラリア共催で行われて以降、4年に一度、2011年の第7回ニュージーランド大会まで、ラグビーの伝統国で開催されており、アジア地域では初の開催です。

(1) 主  催   国際ラグビーボード

(2) 開催時期   2019(平成31)年9月~10月(約7週間)

(3) 参加 チーム   20チーム(国 ・地域)

(4) 試合形式(全48試合)

        ① 予選プール(40試合)5チーム×4プール(総当たり線)

        ② 決勝トーナメント(8試合)準々決勝、準決勝、3位決定戦、決勝

(5) その他  日本はW杯全7大会に出場、勝利は第2回大会のジンバブエ戦のみ。通算成績は1勝2分け21敗。 

  

【ラグビーワールドカップ開催の意義】

復興を加速し、希望の創造と未来の可能性を追求する取り組みとして、釜石市復興まちづくり基本計画に掲げる将来像「三陸の大地に光輝き、希望と笑顔があふれるまち釜石」の実現に向けて、橋野鉄鉱山の世界遺産登録、いわて国体、ラグビーワールドカップ開催などに取り組んでいます。 かつて日本選手権で7連覇した新日鉄釜石ラグビー部の本拠地であった当市での開催は、震災復興のシンボルとして、未来に誇れるまちを次代を担う世代へ継承することや、沿岸被災地の活性化、岩手のスポーツ界のさらなる飛躍 ・発展のきっかけになるものと期待しています。

  

【取り組みの方向性】

東日本大震災で被災した“ラグビーのまち ・ 釜石ならでは”の開催に向けた次の取組を通じ、真の復興の実現と世界ラグビー史に新たな1ページを刻む機会とします。

① 釜石市をはじめ、三陸沿岸被災地の復興を加速し、復興を象徴する事業とします。

② 地域の子どもたちに夢と希望を与え、スポーツの力とラグビー文化を広める事業とします。

③ 地域の住民が、日本はもとより、世界中の人々との絆を深め、復興支援への感謝を表すおもてなしの事業とします。

④ 被災地の教訓を活かして、安全安心を前面に打ち出した会場整備と大会運営を実施し、防災 ・ 避難意識の伝承な        ど、防災まちづくりの象徴となる事業とします。

⑤ 地域の活力を高め、交流を盛んにし、産業振興を図る事業とします。

⑥ 若者等に働く場を提供し、スポーツの力で地域を創生する事業とします。

  

【課 題】

東北で唯一の開催地として世界規模の大会を成功させるためには、次のような課題があげられます。

① 広く岩手県 ・東北における開催気運の醸成と推進体制の整備

② 簡素でコンパクトなスタジアム及び会場周辺道路等の早急な整備と財源確保

③ 全世界からの来訪者を受け入れるための宿泊先の確保、及び、スムーズな移動を可能にする復興道路や鉄道等の           交通アクセスの強化

 

【スケジュール】

◇2014年度        開催地決定 [H27.3.2]

◇2015年度        用地盛土造成・排水施設整備工事[2015.10月~2017.7月]

                         スタジアム(本体)基本設計[2015.7月~2016.1月]

                         ※ラグビーワールドカップ2015イングランド大会 開催

◇2016年度     常設スタジアム建設工事[2017.1月~2018.2月]

                         ※2016希望郷いわて国体開催

◇2017年度    メイングラウンド整備工事[2017.7月~2017.11月]        

◇2018年度    サブグラウンド整備工事[2018.7月~2018.11月]

                         仮設スタジアム建設工事[2018.10月~2019.3月]

                          ※ラグビーワールドカップ2019 プレ大会開催(スタジアムこけら落とし)

2019年度         ラグビーワールドカップ2019 開催 

 
     
   (仮称)釜石鵜住居復興スタジアム 完成イメージ図