釜石市国際交流協会は、世界平和と多文化共生社会の実現を理念に掲げ、郷土釜石の再認識と発信、異文化との交流を図ることを目的に、平成18年7月に設立されました。

平成27年度現在の会員数は、個人68人、4団体となっており、各種国際交流活動を行っております。

 

主な国際交流活動

イングリッシュキャンプ

岩手大学に研修に来ているアメリカ合衆国のアーラム大学の学生と、釜石市内の中学生ほか県内の中学生が、英語のみで1泊2日の体験学習を行う事業。

    

 
国際アカデミー

市内在住の外国人の方を講師に迎えて、自国の文化や自身のキャリアに関するものからテーマを設定し開催する国際理解講座。

  

 その他の交流事業

その他、外国人との交流会やイベント、講習会など不定期に実施しております。