市では、『復興のシンボルとして釜石らしいまちづくりの拠点となる庁舎』を基本理念に平成31年3月に策定した「新庁舎建設基本計画」をもとに、新市庁舎建設検討委員会や関係部署、各部会等で設計作業を進めて参りました。この度「新庁舎建設基本設計」をとりまとめましたので、その概要をお知らせします。  

基本設計コンセプト

基本理念と4つの基本方針に基づき、安全で使いやすい新庁舎を目指し、3つの設計コンセプトにより新庁舎を作ります。

1、災害に強い『強靭な新庁舎』

2、『みんなのホール(多目的ホール)』から拡がる『防災と交流』

3、市民を優しく迎える『ピロティ』

概要版

釜石市新庁舎建設基本設計説明書 -概要版-(11,731 KB pdfファイル)