議員
  • 市民の皆さんから選ばれた議員によって構成されています。
  • 議員定数は、地方自治法第91条第1項の規定に基づく釜石市議会議員定数条例により、20人と定められています。
  • 議員の任期は、地方自治法第93条により4年と定められており、現在の議員の任期は、平成27年9月11日から平成31年9月10日までとなっています。
定数
  • 条例定数20人
    平成16年12月定例会において議員定数条例を改正し、26人から23人に改定しました。(適用は平成19年8月)
    平成22年9月定例会において議員定数条例を改正し、23人から20人に改定しました。(適用は平成23年9月)  
  • 現員数19人(欠員1人)
党派別
党名 公明党 日本共産党 社会民主党 無所属
議員数 2 2 1 14 19

 (平成28年4月5日現在/単位:人)

会派別 
会派名 21世紀の会  海盛会 清流会 民政クラブ 公明党 日本共産党
議員数 4 4 4 3 2 2 19

 (平成28年6月24日現在/単位:人)

年齢別
年齢 30から39歳 40から49歳 50から59歳 60から69歳 70から79歳 平均年齢
議員数 0 1 3 13 2 63.89歳

 (平成28年4月5日現在/単位:人)

当選回数別 
回数 1回 2回 3回 4回 5回 7回
議員数 4 3 3 5 2 2 19

 (平成28年4月5日現在/単位:人)

 

議会役員等の任期
役職名 任期 根拠法令等
議長・副議長 4年 地方自治法第103条第2項
正副委員長 2年 釜石市議会委員会条例第3条及び第9条第3項(常任委員会、議会運営委員会)
監査委員 4年 地方自治法第197条

 

定例会・臨時会

  • 定例会は、3月・6月・9月・12月の年4回開かれます。
  • 臨時会は、必要に応じて開かれます。
  • 本会議は、議員全員で構成され、提出された議案や請願などについて審議し、市議会の意思を決定する会議です。

 

一般質問

  • 釜石市が行っている行政全般の中で特に聞きたい項目について、現在の状況や将来の方針についての質問を行います。
  • 申し合わせにより、原則として一定例会につき3日間となっていますが、12人を超えた場合は4日間となります。なお、持ち時間は一人につき答弁を含み1時間以内となっております。

 

議案審議

  • 市当局から提出のあった議案について、議案ごとに質疑を行います。
  • 質疑は会議規則により同一議員につき、同一議題について3回までとなっています。

 

議員・委員会提出議案

  • 議員または委員会が定例会・臨時会に提出した議案です。
  • 提出する議案の種類は、議会に関する条例・規則の制定・一部改正、特別委員会の設置、決議、意見書の提出等です。
  • 意見書とは、議会の権限の一つとして、当該普通地方公共団体の公益に関する事件について、衆議院議長、参議院議長又は内閣総理大臣等関係行政庁の長に提出する文書を言います。
  • 意見書原案の発案は議員または委員会が行い、議会に諮り議長の名義により提出します。

 

委員会

  • 市議会には、定例会や臨時会のほかに次の委員会が設置されており、議長の指名により選任された委員で構成されています。

 

常任委員会(任期2年)

常任委員会の名称、定数、所管事項及び活動状況は次のとおりです。

定数及び所管事項
名称 定数 所管事項
総務常任委員会 7人 人事、財政、市有財産、税務その他総務に関する事項並びに他の委員会に属さない事項
民生常任委員会 7人 保健衛生、社会福祉、消防、教育文化その他民生に関する事項
経済常任委員会 6人 商工、観光、水産、農林、土木、建設、都市計画、港湾、水道その他経済に関する事項
主な活動状況

平成28年度 各常任委員会の主な活動状況(75 KB pdfファイル) 

 

議会運営委員会(任期2年、定数7人)

次に掲げる事項に関する調査を行い、議案、陳情等を審査します。

  1. 議会運営に関する事項
  2. 議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項
  3. 議長の諮問に関する事項

 

特別委員会

  • 予算特別委員会(全議員により構成)は、3月定例会で設置され、当初予算を審査します。
  • 決算特別委員会(全議員により構成)は、9月定例会で設置され、前年度の予算が適正に執行されているかどうか審査します。
  • 上記のほか必要に応じて議会の議決により設置されます。 

 

釜石市議会議員全員協議会

  • 全議員により構成
  • 議案の審査または議会の運営に関し、協議または調整を行います。

 

市政調査会(平成28年1月25日設置)

  • 全議員により構成
  • 市政課題を調査研究します。

 

会派代表者協議会

  • 会派代表者協議会は、議会選出各種委員会、議員の親睦、慶弔及び議員親交会などについて協議し、また、各会派の連絡協調を図ることを目的として、正副議長及び各会派の代表者により構成されています。
  • 会派とは、議会運営上の会派であり、2人以上の所属議員を有し、同じ政策、考え方を持つ議員の集団のことです。