氏   名--- 野田 武則(のだ たけのり)

 生年月日--- 昭和28年2月4日 釜石市生まれ

 学   歴--- 釜石市立小佐野小学校・小佐野中学校卒業

-----------  岩手県立釜石南高等学校(現・釜石高等学校)卒業

                    昭和51年3月 専修大学法学部法律学科卒業

 経   歴--- 昭和63年4月学校法人野田学園甲東幼稚園園長就任

------------平成15年4月岩手県議会議員(平成19年10月まで)

------------平成17年11月学校法人野田学園理事長(平成19年10月まで)

------------平成19年11月18日 釜石市長就任(現在に至る)

 現在の主な役職----

------------【国の関係】

------------被災者に対する国の支援の在り方に関する検討会委員(平成25年10月~平成26年9月)

------------【県の関係】

------------岩手県港湾協会会長

------------岩手県東日本大震災津波復興委員会委員

------------岩手県釜石保健所運営協議会会長

------------岩手県防災会議委員   ほか------------

------------【沿岸(市)】

------------岩手県沿岸市町村復興期成同盟会会長

------------東北横断自動車道釜石秋田線、釜石・花巻間建設促進期成同盟会会長

------------東北横断自動車道釜石秋田線沿線市町連絡協議会会長

------------大船渡・釜石・大槌・山田間三陸縦貫自動車道整備促進協議会会長  ほか

-------【大学関係】

-------------神戸大学学術研究推進機構学術・産業イノベーション創造本部 非常勤講師(客員教授)

-------------拓殖大学 講座「産業と人間」 客員教授(非常勤)

-------------岩手大学三陸復興・地域創生推進機構アドバイザリーボード委員

 所   属-- -釜石市消防団に25年勤続の経験あり・長年釜石の歴史を知る会を主宰

                    現在は、釜石ロータリークラブ会員・釜石青年会議所OB会員

 家   族      妻、子供3人、母の6人家族

 座右の銘----「常に誠実であれ」

 尊敬する人物-高橋亦助 1853-1918

-------------釜石出身。官営釜石製鉄所で働くも製鉄所が廃止。製鉄所を引き継いだ田中長兵衛に高炉主任

-------------として雇われ、49回目にして高炉操業に成功し、釜石鉱山田中製鐵所の設立の功労者となる。

-------------後に栗橋分工場の工場長などを歴任する。

 趣味など-----釣り、合気道・居合道ともに二段