選挙管理委員会とは

釜石市長及び釜石市議会議員の選挙に関する事務を管理しています。また、法令によってその権限とされた国や県の選挙、各種委員会や財産区の選挙に関する事務を管理することとされています。

選挙管理委員会は4人の委員で組織されている合議制の機関で、政治及び選挙に関し公正な識見を有するものから議会で選ばれ、任期は4年です。

この議会による選挙については、議員中に異議がないときは、指名推薦の方法によることも差し支えないとされています。

議会が委員の選挙を行う場合は、委員と同数の補充員を選挙することとされ、委員が欠けた場合に委員長が補充員の中から補充することとされています。

委員及び補充員には、職務の公正な執行を確保するため、政党制限、兼職禁止等の規定が設けられています。

選挙管理委員会の委員長は、委員の中から互選され、委員長に事故があった場合又は欠けたとき、職務代理者が委員長の職を代理します。

選挙管理委員会の会議は、3人以上の委員の出席により開かれ、その議事は出席委員の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところとなります。

選挙管理委員

現在の委員及び補充員は下記の方です。なお、任期は平成28年4月5日から平成32年4月4日までです。

  • 委員長      神林 知明
  • 委員長職務代理者 淺田 征光
  • 委員       橘内 修
  • 委員       福成 菜穂子
  • 補充員      金子 健一
  • 補充員      佐々木 曉美
  • 補充員      成瀬 幸司
  • 補充員      藤原 政子

以上