1.意見募集の実施状況 

  • 意見の募集期間
    平成17年7月4日(月)から平成17年8月3日(水)まで 
  • 資料の公表方法
    【資料の閲覧】
    釜石市立小中学校統合実施基本計画後期計画(案)(39 KB pdfファイル) を閲覧できるよう次の場所に資料を備えました。
    【資料の備え付け場所】
    市広聴広報室、市教育センター、市市民課、市各出張所、市民文化会館、市立図書館
    【周知】
    7月1日号の広報かまいしに制度の趣旨、計画の概要及び閲覧場所を掲載
    市ホームページで公開(資料全文)
  • 意見の提出方法
    郵送、FAX、電子メール、「みんなの声の箱」への投かん、直接持参によるものとしました。

2.公表の内容

  • 提出意見数
    3件(電子メール3通)
    要点 対応
     統合の目的の中に「学力の向上(少なくとも維持)」の視点が不可欠であり、独立した文言で明記すべきである。  学校統合の目的の「活力ある学校づくり」は、学力の向上はもとより、学校行事やクラブ活動の活発な活動も促すなどのことを内容としていることから、改めて独立した文言で明記する必要は無いと考えております。
     少人数学級から多人数学級への移行に伴う「学力の低下を防ぐ」ことを基本的配慮事項に明記し、実効性を上げるために市内全校の共通テストを行い、閉校となる学校の児童生徒の学力偏差を把握し、統合校に学力向上(維持)の努力義務を課すとともに学力の変異を追跡し、データを今後の学校統合に活用すべきである。  既に全小中学校を対象とした共通テスト等による学力到達度実態調査を実施し、学校毎、個人毎のデータを把握していることから、今後は、統合後の追跡調査のデータとしての活用についても検討して参ります。
     大松小学校の児童数は現在20名であり、平成19年にはもっと少なくなる見込である。完全複式学級となっており、競争相手が無く、学校行事も盛り上がらない状況であることから、早い時期の統合を希望する。甲子小学校との一年間の交流期間を置いたうえ、計画案の平成20年4月の統合時期を平成19年4月にしてほしい。(同趣旨での意見が二件あり、要約している)  PTA、地域住民を対象にした後期計画案の説明会でのご意見も踏まえながら、計画の最終決定の参考にして参ります。