みなさん、こんにちは。かまつれの村上です。

今回は、かまとらシリーズ第2弾として、「かまとら狩り女子会 解体見学&ジビエ料理教室!」を紹介します。

 

38日(日)「かまとら狩り女子会 解体見学&ジビエ料理教室!」

このプログラムは例外的に唐丹で実施され、ベテラン猟師・久保さん&新米猟師・Aiちゃんから、狩りのあれこれを楽しく学ぶというもの。
残念ながら、当日、鹿を狩ることができなかったので、解体を見学することはできませんでしたが、参加者でエゾ鹿(北海道産)の肉を料理し、ジビエ料理を堪能しました。
※放射能の問題で、釜石で獲れる鳥獣を流通させてはいけないことになっています

食事を楽しみながら、鉄人の久保正春さんから狩りのことをいろいろお話しいただきました。狩りにもいろいろあるようですが、グループでの狩りがおもしろそうでした。勢子(せこ)と射手に分かれて、勢子が獲物を射手の待ち構えるところに追い込む猟です。トランシーバーを使って、連絡を取りながら行います。事故が起こらないように、いろいろとルールもあるようです。

そして、釜石で猟師となった鉄人・Aiちゃんの紙芝居を使った説明。手描きがとても良いですね。鳥獣被害の話、狩りに出るまでの話やジビエの話などなど。
狩り女子は、鳥獣被害の問題の対抗となりうるのでしょうか?Aiちゃんに続く、狩り女子が現れると良いですね~。

“漁”だけではなく、“猟”もあって、本当にすごいな~釜石!

 

        

    

     

     

     

     

     

    

 

■広報かまいし3月18日号の「まちの話題」から『かまとら』の記事を確認↓

http://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/koho/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/03/18/kouhou1612.pdf

 

■【かまつれ】かまとらシリーズ1:3月1日(日)黒森神楽釜石巡行@宝来館         

http://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/koho/nikki/detail/1193004_2600.html