みなさま、こんにちは。かまつれ村上です。

9月に京都に帰省したり、風邪を引いたり、いろいろあったりで、久しぶりの更新となってしまいました。すみません。10月は行事ごとも多いので、どんどん更新できるようにがんばりたいと思います。

さて、今回は先日、新浜町魚市場特設会場にて開催されました「釜石まるごと味覚フェスティバル」の際の写真を掲載いたします。7月の港まつりはあいにくの雨となりましたが、今回はすごく晴れており、暑いぐらいの良いお天気でした。

このイベントは、新鮮な海産物や農産物の販売、焼きサンマや釜石カルビの振る舞いをはじめとして、市内外から物産品がたくさん集まりました。まさに釜石の食のお祭り!

さらに、今回は第3回おいしい釜石コンテストも開催されました。「釜石自慢の一品」をテーマに「ごはんや なごみ」の『釜石 焼きホタテ』、「創作農家レストランこすもす」の『希望のかけはし・グリーンカレー』、「平治旅館」の『いか飯 平治バージョン』、「居酒屋 わこう」の『ひっつみ・ひっつみカレー味』がエントリー。平治旅館さん以外は、私も何度かお邪魔したことがあります。平治旅館さんにも一度行ってみたいなあと思ったり。グランプリは「ごはんや なごみ」さんの『釜石 焼きホタテ』。運がよければ、「ごはんや なごみ」さんで食べることができるようです。

また、ステージでは東北出身のフォークデュオ・秋風センチメンタルや桜舞太鼓の演奏。秋風センチメンタルの高野さんは釜石出身だそうです。応援したいですね~。桜舞太鼓さんは、もう説明不要ですね。安定感抜群。かっこいいし、迫力ありますね~。

私もいろいろと食べさせていただきました。サンマは脂がのっていて、焼きたてでとてもおいしかったです。また、カレー好きの私はグリーンカレーをいただきましたが、じわりとくる辛さがやみつきになります。

そんな感じで、お腹も満たされつつ、音楽も楽しむことができる素敵な1日となりました。釜石は海も山もあるから、食が贅沢だなあとあらためて感じました。

※10月号の広報かまいしの『まちの話題』でも掲載予定となっております。