みなさま、こんにちは。広聴広報課の村上です。

11月30日(日曜日)に岩手朝日テレビ主催の「ふるさとCM大賞in IWATE 2014」の審査会がアイーナいわて県民情報交流センターでありました。

今年は、釜石リージョナルコーディネーター(釜援隊)協力のもと、『釜石には“愛”がある』というCMを制作いたしましたが、この作品が見事、特別賞の一部門「熱演賞」を受賞いたしました。制作に関わったみなさま、誠にありがとうございました。

 

「百聞は一見にしかず」ということで、まずはこの作品をご覧いただきたいと思います。

『釜石には“愛”がある』http://youtu.be/gUTTF1FrGNk

 

 

最後までご覧になられた方はおわかりだと思いますが、釜石をローマ字表記すると、

「kamaishi」となり、ちょうど真ん中に “ai” という文字がありますね!

すなわち釜石(kamaishi)には愛(ai)があるわけです。

よくよく思い返してみると、本当にたくさんの愛であふれているのが、この釜石ではないでしょうか。釜石には、過去にもあるいは今現在も、やるせないこと、つらいこと、かなしいこと...いろいろありましたが、それでも釜石はそのたびに立ち上がってきました。その根底にあるのは、釜石のみなさまの愛そのものではないでしょうか。家族、恋人、友人、大事な人を想う気持ち、ふるさとを想う気持ち、すべてに愛があります。

この作品の中で、女の子が将来を案じていますが、男の子のやさしくも力強さを秘めた一言で女の子が笑顔になります。
震災からの復興など、釜石の抱える不安とも重ねていますが、釜石にはそれを支える人たちがいるから大丈夫。釜石にはそういう人々の愛がある。
女の子の将来も、釜石の将来にも希望を持つんだ!というメッセージをこのCMに込めました。

 

さて、実際のCM制作には海の朝焼けを意識して、早朝6時に集合するなど苦労もありました。また、OKテイクまで50回以上の撮り直しをするなど、細部に至るこだわりがありました。今回の熱演賞受賞は、このこだわりにしっかりと応えた中学生ふたりの演技が評価されたものです。

放送について

今回の審査会の様子は、下記にて放送予定となっております。是非、ご覧ください。

■放送日時:平成26年12月27日(土曜日)16時30分から17時25分

■放送局:岩手朝日テレビ

 

※ちなみに昨年の作品は、釜石商工高校の生徒さんに制作いただき、特別賞(テーマ賞)を受賞いたしました。そのときの作品が下記です。

■平成25年「復活!釜石市」(テーマ賞受賞)http://www.youtube.com/watch?v=kFT50DIxRQY