みなさん、こんにちは。かまつれの村上です。

京都から釜石に来て、もうすぐ1年を迎えます。
随分とこちらの暮らしにも慣れてきたなあと感じていますが、
最初の頃を振り返ると、やはり言葉が難しい時がありました。
若い方だと問題はありませんが、年配の方の場合だと厳しいときも。
面と向かって話している分には、まだなんとかなりますが、
電話だけだとわからないことも。

また、職場ではこんなこともありました。
「これ、投げといて」と言われ、投げるの??えっ?なぜ?となったことが。
関西なら、「これ、ほかしといて」となります。
そう、「投げる」とは「捨てる」ことです。

他の関西の人から聞いた話では、この逆ケースもあったとか。
「ほかしといて」と言ったら、「どこに保管するんですか?」と...

 

この手の話はほかにもあって、枚挙に暇がないですが、
京都との違いで最初に興味を持ったのは言葉でした。
そんなわけで、もっと言葉を知りたいと思って、
漁火の会さんのCDを聞いたりしていました。
(漁火の会とは、釜石の方言で昔話を語る自主活動グループです。)
しかし、いきなりハードルをあげるヒアリングになってしまって、
やはり何を言っているかよくわからないところが多いのですが、
それでもなんだかとても温かい気持ちになってきます。

それに、昔話そのものも大変おもしろいです。
京都は古いまちではありますが、逆にこういう民話ってあまり聞きません。
(私が知らないだけかもしれませんが。)
遠野物語も含めて、釜石の昔話も勉強できればと思っていますし、
釜石の昔話をめぐるフィールドツアーもいつかやってみたいなあなんて。

 

さて、言葉の話に戻りますが、一言で釜石の言葉といっても一様ではありません。
実は、釜石の中でも様々な言葉があります。少し紹介してみましょう。

 

まず、さかのぼること江戸時代。釜石は南部領と伊達領に分かれますが、唐丹までが伊達藩で、それより北が南部藩。
ということで、唐丹までは伊達藩の気仙弁、それより北が南部弁として、大きく分かれるようです。

海と山でも違います。海は「浜言葉」で、少々荒く、早口気味です。

そして、大槌に面する鵜住居あたりには、大槌・山田・宮古などの「北前弁」が少し混じっていたり。

また、橋野のあたりは、遠野弁が混じった「橋野言葉」があります。

さらに、西の仙人峠の方は「甲子弁」。

同じ釜石でも東西南北でそれぞれ少しずつ違うのですね~。

しかも、釜石鉱山や釜石製鉄所の関係で、県外からもたくさん人が来るようになって、さらに言葉は混沌としていきます。

 いろんな言葉が混ざっているのが今の釜石の言葉といえそうです。

 

 言葉一つとっても、釜石のことがいろいろわかるようで本当におもしろいなあと思っていたら、先日、「おらほ弁で語っぺし」というイベントで、あこがれの漁火の会のみなさんが話をされるということで行ってまいりました。

 本当に生で聴けて感激でした。お孫さんたちも登壇して、一緒に話をしたり。こんな風に話を聴いて、自分でも話していると、自然に身につくのでしょうね。是非、このお孫さんたちに受け継がれて、言葉が廃らないように、大切な文化を継承してほしいものです。

 ということで、私を見かけたら、釜石の言葉を是非いろいろ教えてください!

 

「おらほ弁で語っぺし」南部弁サミットin釜石(2月1日 イオンタウン釜石2Fイベントスペース)

 

第Ⅰ部:
★東京学芸大学教授・石井正己先生ご講演
「地域の言葉で語ること」

 

★「ばあば、かでで!」
(漁火の会とお孫さんによる語り)

 

★八戸の昔ばなしの語り
(柾谷伸夫さん・佐々木和子さん)

 

第Ⅱ部:
★釡石小唄
★南部弁サミットin釡石
(漁火の会と八戸の語り手さんとの対談)
★釡石・漁火の会による昔話の語り

 

時間:第1 部:13:00 ~ 第2 部:14:55~
場所:2F イベントスペース(東京きもの愛前)
主催: 文化庁支援事業「おらほ弁で語っぺし」プロジェクト(事務局:岩手大学)
共催:釜石市教育委員会・文化庁支援事業「発信!方言の魅力 かだるびゃ・かだるべし 青森の方言」(事務局:弘前学院大学)