みなさま、こんにちは。広聴広報課の村上です。

いや~、「釜石よいさ」盛り上がりましたね~。残念ながら雨模様の中の開催となりましたが、それを吹き飛ばすほどのみなさんの熱い情熱。踊りに参加されたみなさん、お囃子隊のみなさん、出店のみなさん、沿道で応援いただいたみなさん、テレビ越しで応援いただいたみなさん、観光客のみなさん、帰省で帰ってこられたみなさん、そして運営に携わったみなさん、すべてのみなさま本当にありがとうございました。

よいさには27団体(約1.5倍増)約1,400人が参加し、観客が約5,000人、復興も少しすつ進んでいるなあと肌で感じるよいさでした。

私も市役所チームに踊り隊として参加させていただきましたが、カメラを持ちながらだと全然踊れなくて...来年、踊ることがあれば、何も持たずにチャレンジしたいなあと。

そして、踊りの最後に、みなさん一斉におおおっ~と歓声があがりました。この瞬間、感動が最高潮に達しました!ふるえました。また、ドラマチックでしたが、このときに雨が強まって、まるで天の神様がまだ終わらないでと泣いているかのようでもありました。本当にすばらしい時間を共有することができました。本当にありがとうございました。

さて、広報かまいし8月号では、このよいさを取り上げさせていただきましたが、たくさん写真を撮らせていただいたものの、広報誌では紹介しきれないので、この「かまつれ写真館」でよいさの様子を見ていただきたいと思います。 

広報かまいし8月号「釜石よいさ」掲載記事