平成18年6月に「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行されました。

その中で、毎年12月10日から16日まで、拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに、国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し、その抑止を図ることを目的として、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」と定められています。

拉致問題は、我が国の喫緊の国民的課題であり、この解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が、国際社会を上げて取り組むべき課題とされる中、この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

 

北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ「めぐみ」を上映します

市では、この週間にあわせて12月11日(月)から15日(金)までの間、次の場所において「めぐみ」を上映します。
「めぐみ」は、昭和52年、当時中学1年生だった横田めぐみさんが、学校からの帰宅途中に北朝鮮当局により拉致された事件を題材に、残された家族の苦悩や、懸命な救出活動の模様を描いた25分のドキュメンタリー・アニメです。(詳しい説明はこちらからhttps://www.rachi.go.jp/jp/megumi/gaiyou.html)

市役所第1庁舎1階 市民課
釜石地区生活応援センター
小佐野地区生活応援センター
鵜住居地区生活応援センター
栗橋地区生活応援センター
シープラザ釜石1階イベント広場(15日(金)のみ)
※時間により上映されていない場合もありますので、その際は窓口までお問い合わせください

 

北朝鮮による日本人拉致問題(政府 拉致問題対策本部ホームページ)
https://www.rachi.go.jp/index.html