平成31年度コミュニティ助成事業を募集しています。

(一財)自治総合センターでは、宝くじの収益を財源に社会貢献広報事業として、コミュニテイ助成事業を実施しています。

この事業は、コミュニティ活動に必要な備品や集会施設の整備などに対して助成を行うことで、地域のコミュニティ活動の充実・強化を図ることにより、地域社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与することを目的としています。

平成31年度の事業について申請を受付しておりますので、事業の活用を希望する団体は9月25日(火)までに市総合政策課企画調整係へご相談ください。

1.助成対象団体

市町村が認めるコミュニティ組織

※⑷については、地方自治法の規定に基づき設置された協議会、実行委員会等。

2.助成事業及び助成額等

※助成額は10万円単位とし、単位未満は切り捨てとなります。

⑴一般コミュニティ助成事業

住民が自主的に行うコミュニティ活動の促進を図り、地域の連帯感に基づく自治意識を盛り上げることを

目指すもので、コミュニティ活動に直接必要な設備等(建築物、消耗品は除く)の整備に関する事業

【助成額】

100万円から250万円まで

【助成事例】

集会施設などの備品整備、祭備品(太鼓等)整備 等

⑵コミュニティセンター助成事業

住民の行う自主的なコミュニティ活動を積極的に推進し、その健全な発展を図るため、住民の需要の実態に

応じた機能を有する集会施設(コミュニティセンター・自治会集会所等)の建設又は大規模修繕、及びその施設に

必要な備品の整備に関する事業

 【助成額】

対象となる事業費の5分の3以内に相当する額。ただし、1,500万円まで。

【助成事例】

集会所等の建設、大規模修繕 等

⑶青少年健全育成助成事業

青少年の健全育成に資するため、スポーツ・レクリエーション活動や文化・学習活動に関する事業及びその他

コミュニティ活動のイベントに関する事業等、主として親子で参加するソフト事業

【助成額】

30万円から100万円まで

【助成事例】

小・中学生が参加するイベント等のソフト事業(講演会、研修会、野外活動 等)

⑷地域づくり助成事業(活力ある地域づくり助成事業)

地域の活性化に資するため、地域資源の活用や広域的な連携を目的として実施する特色あるソフト事業

【助成額】

200万円まで

【助成事例】

地域の資源を活かした魅力体験・発信事業 等

3.申請方法及び申請先

別添の申請書(別記様式第1号)及び様式第1号別表に必要書類を添えて、持参により下記まで提出願います。

※必要書類は、別添の必要書類一覧表を参照願います。

その他、追加で書類が必要となる場合があります。

4.提出後の流れについて

本年10月上旬 市による「審査会」の実施(※申請多数の場合)の上、市より県を通じて自治総合センターへ申請書を提出

翌年4月頃   自治総合センターによる助成事業の決定

※事業開始は市からの交付決定後になります。交付決定前に事業に着手された場合は、助成金を交付できなくなりますので、ご留意ください。

 

申請書(別紙様式第1号)(112 KB docファイル)

様式第1号別表(28 KB xlsxファイル)

H31要綱(221 KB pdfファイル) 

H31留意事項(647 KB pdfファイル)

必要書類一覧表(206 KB pdfファイル)