釜石市総合計画の平成20年度施策評価の結果を公表します。
施策評価の目的

第五次釜石市総合計画スクラム21プラン後期基本計画に基づき、望ましい釜石市の将来展望「人と技術が輝く海と緑の交流拠点」の実現に向けたまちづくりを進めるため、政策の実現手段である「施策」の評価・見直しを行い、行政評価の目的である効率的・効果的な行財政運営などを目指すものです。

評価の方法

当市においては、第五次釜石市総合計画(後期基本計画)において基本目標の実現手段として掲げた19の施策を対象として評価しました。その19の施策ごとに設定した110の「主要な指標」の達成状況をもとに庁内で内部評価し、その内部評価に対して外部からの意見として総合振興審議会委員の意見を取り入れて作成しました。
評価結果については、広報、ホームページ等で公表します。

評価の手順

 平成21年7月 評価作業開始(指標の達成状況等)
   →8月中旬 総合振興審議会委員からの意見聴取
    →8月中旬 審議会委員意見取りまとめ
     →8月下旬 総合計画策定委員会において協議
      →8月下旬 庁議において決定 

施策評価の結果

平成20年度 施策評価(1,512 KB pdfファイル)  

平成19年度 施策評価(3,928 KB pdfファイル)