釜石市では、幼児教育の充実を総合的に推進するため、平成23年に『釜石市幼児教育振興計画~0歳から就学前までの「えがお輝き」を育むために~』を策定し、幼稚園、保育所、保育型児童館を幼児教育施設として一元的に捉え、どこの施設を利用しても、質の高い保育や教育を受けられるよう、また小学校への円滑な接続を目指して、取り組んできました。

しかし、少子化、核家族化などの子どもを取り巻く社会的環境の変化を背景に、子どもの基本的生活習慣や態度が身についていないことや、保護者の子育てに対する負担の増加など依然として多くの課題を抱えています。

新しい「釜石市幼児教育振興プラン」は、現在の幼児教育振興計画が中間年度を迎えたことに加え、関連計画である釜石市子ども・子育て支援事業計画が平成27年3月に策定されたことを踏まえ、新たな幼児教育施設として認定こども園及び小規模保育事業所を加え、家庭・幼児教育施設・地域が連携し、様々な体験を通して生きる力の基礎を身につけられるような教育の機会を保障するための幼児教育に関する総合的な計画として、策定しました。

釜石市幼児教育振興プラン

概要版ダウンロード

概要版(347 KB pdfファイル) 

一括ダウンロード

全体(1,513 KB pdfファイル) 

分割ダウンロード

表紙・目次(98 KB pdfファイル) 

第1章(381 KB pdfファイル) 

第2章(453 KB pdfファイル) 

第3章(827 KB pdfファイル) 

進捗状況

「幼児教育振興計画」の進捗状況を公表します。

進捗状況(173 KB pdfファイル)