釜石市都市計画マスタープラン(改訂版) 

釜石市は、震災を乗り越えて目指す将来像「三陸の大地に光輝き、希望と笑顔があふれるまち釜石」実現のため、平成26年3月31日に「釜石市都市計画マスタープラン(改訂版)」を策定しました。

都市計画マスタープランとは、市の様々な分野の計画のうちの「都市計画に関する基本的な方針」であり、この基本方針に基づき「都市づくり」の計画や事業などが行われます。

本マスタープランは、「釜石市復興まちづくり基本計画 スクラムかまいし復興プラン」(平成23年12月22日策定)を上位計画とするとともに、グローバルな社会・経済状況の著しい変化や、我が国における人口減少・超高齢化社会の到来、低炭素型社会の進展、市民との協働によるまちづくりの進展など、本市を取り巻く情勢の変化に対応した、都市づくりの基本指針として策定したものです。

※策定後、釜石西地区に商業・業務機能の集積するゾーンを形成するため、平成28年10月17日付けで土地利用方針の一部を改訂しています。

マスタープランの内容  

釜石市都市計画マスタープラン(改訂版)概要編(517 KB pdfファイル) 
釜石市都市計画マスタープラン(改訂版)(11,468 KB pdfファイル) 

 

 【参考資料】釜石市都市計画マスタープラン(平成14年策定版)

参考資料として、改訂前の「釜石市都市計画マスタープラン(平成14年11月)」の内容を掲載します。

表紙・目次(60 KB pdfファイル)

1.マスタープラン策定にあたって(92 KB pdfファイル)
2.釜石市の現況把握(前)(467 KB pdfファイル)  2.釜石市の現況把握(後)(586 KB pdfファイル)
3.都市づくりの主要課題(97 KB pdfファイル)  4.都市づくりの目標(224 KB pdfファイル)
5.都市づくりの基本方針(534 KB pdfファイル)  6.地区別まちづくりの方針(410 KB pdfファイル)
7.資料編(前)(192 KB pdfファイル)  7.資料編(後)(689 KB pdfファイル)