市では、ラグビーワールドカップ2019™に向けて、外国人観光客の受入体制の構築や市民の国際感覚の形成など釜石市の国際化を推進するため、国際交流員(CIR)を任用しています。

 

更新情報

CIRニュースレター2018年12月号を発行しました。

 

国際交流員(CIR)の紹介

国際交流員は、地域レベルの国際交流の推進を図ることを目的に招致した外国人青年です。
外国からの訪問客の接遇・通訳、外国語刊行物の翻訳・監修、職員・住民への語学指導、国際交流事業の企画など、地域の国際化の推進や異文化理解のために多様な活動を行います。
国際交流員は「Coordinator for International Relations」と英訳されることから、 それぞれの単語の頭文字をとってCIR(シーアイアール)とも呼ばれています。

 

釜石市のCIR 

 

(右)エミリー ハラムズ オーストラリア出身 CIR3年目

(左)アシュリン バリー アイルランド出身 CIR2年目

 

国際交流員インバウンドおもてなしサポート事業のご案内

今後増加が見込まれる外国人来訪者を市全体で“おもてなし”するため、市内の観光施設や小売店、飲食店などの民間事業者を対象に、施設の紹介や案内表示、商品・メニューの英語表記化、英語でのマナーなどを国際交流員が指導・サポートする事業を実施しております。

  

■支援対象施設

市内の観光施設、小売り店、飲食店、交通、宿泊施設等

■支援内容

国際交流員が事業所・施設を訪問し、以下のサポートを行います。

①英語表記化(施設紹介、パンフレット、案内表示、商品・メニュー紹介、時刻表等) 

②英語表記(接客・販売、案内等のコミュニケーション、会話シート等)

③マナー(文化、宗教、慣習等)

④セミナー講座(上記①~③に関する内容)

■申請方法

派遣費用は無料となりますが、交通費や必要な材料費などは事業者負担とします。

派遣は、原則として祝祭日を除く月曜日から金曜日の午前9時~午後5時までとします。

1回の派遣時間は最大2時間までとします。

  国際交流員インバウンドおもてなしサポート事業(650 KB pdfファイル)

国際交流員の派遣

学校や地域団体等が実施する国際交流や国際理解に関する講座やイベントに、国際交流員を講師として派遣することも可能です。国際交流員の派遣を希望される方は市オープンシティ推進室まで、お問い合わせください。

CIRニュースレター

エミリー、アシュリンがCIRの活動を紹介します。

CIRニュースレター2018年12月号(1,849 KB pdfファイル)

CIRニュースレター2018年11月号(1,686 KB pdfファイル)