新たに国際交流員として、エミリー・ハラムズさんを任用しました

市では、2019年に開催されるラグビーワールドカップを見据えて、外国語教育の充実強化による国際感覚の形成や外国人の受け入れ態勢の構築を図るなど、国際都市・KAMAISHIの形成に向けて、新たに国際交流員として、オーストラリア出身のエミリー・ハラムズさんを任用しました。

エミリーさんは、語学指導等を行う外国青年招致事業(JETプログラム)を通じて当市に派遣され、市民や市職員への英会話の指導や、国際交流イベントの企画・運営、海外への情報発信など、当市の国際化推進のために様々な業務を担っていきます。

  

エミリーさんの紹介

■氏名 エミリー・ハラムズ(Emily Hallams) 
■性別 女性
■年齢 24歳
■出身 オーストラリア・キャンベラ
■学歴 オーストラリア国立大学卒業(関西大学への留学経験あり)
■専攻 日本語専攻、北東アジア学専攻
■任用期間 平成28年7月25日~平成29年7月24日
■配属先
ラグビーワールドカップ2019推進室、総合政策課オープンシティ推進室
■自己紹介コメント
こんにちは。国際交流員のエミリー・ハラムズと申します。
年齢は24歳で、昨年の12月にオーストラリア国立大学を卒業しました。
釜石の美しい山や海の自然に加えて、市民の皆さんの優しさに触れて、すごく感動しています。また、東日本大震災からの復興に向けて、市民の皆さんの前を向いて頑張ろうという姿勢に心が動かされました。
これから市民の皆さんと英会話教室等を通じて交流することが楽しみですし、オーストラリアの文化の紹介や、釜石市の魅力を世界に発信するなど、様々な取り組みにチャレンジしていきたいと思っています。皆さん、よろしくお願いいたします。

国際交流員(CIR)の紹介

国際交流員は、地域レベルの国際交流の推進を図ることを目的に招致した外国人青年です。
外国からの訪問客の接遇・通訳、外国語刊行物の翻訳・監修、職員・住民への語学指導、国際交流事業の企画など、地域の国際化の推進や異文化理解のために多様な活動を行います。
国際交流員は「Coordinator for International Relations」と英訳されることから、 それぞれの単語の頭文字をとってCIR(シーアイアール)とも呼ばれています。

国際交流員の派遣

学校や地域団体等が実施する国際交流や国際理解に関する講座やイベントに、国際交流員を講師として派遣することも可能です。国際交流員の派遣を希望される場合は、下記まで問い合わせください。

〔問い合わせ先〕
釜石市総合政策課オープンシティ推進室
TEL:0193-22-2111(内線132)
FAX:0193‐22‐2686
MAIL:sougou(アットマーク)city.kamaishi.iwate.jp
※スパムメール対策のため、「@」 を「(アットマーク
)」で表記しています。