UBSグループと多様性ある持続可能なまちづくりの推進に向けた協働宣言を締結しました

釜石市とUBSグループでは、総合戦略に掲げた「オープンシティ」の実現、多様性ある持続可能なまちづくりの推進に向けて、平成28年6月24日に協働宣言しました。

協働宣言

<和文>

平成23年3月11日の東日本大震災の発災から5年3か月が経過しました。被災した市民の生活再建をはじめ、釜石市の復旧・復興の歩みは続いています。
私たちは、平成26年6月23日に締結した「復興まちづくりに向けた共同宣言」にも示した官・民・非営利セクターの枠を超えた連携による地域社会の課題解決の取組を進めてきました。
この間、釜石市では多くの市民や内外の関係者と共に、釜石の未来について議論を重ね、かつてない急激な社会経済環境の変化にしなやかに対応しながら、持続可能な地域社会づくりを追求する「オープン・シティ」となることを今後5年間での目標と掲げました。
「オープン・シティ」とはすべての市民が自分らしく幸せに生きることを追求し、釜石市内外の多様な人々のつながりが育まれ、異なる考えや意見に寛容で、かつ変化や困難を受容する再起力(レジリエンス)の高い、開かれた地域社会の在り様を指します。
この実現に向けては、市民一人ひとりの主体性が促進され、自己決定が尊重されると共に、性別や年齢などにかかわらず多様な人が活躍できる環境づくりが肝要です。こうした取組により、釜石市は多くの人々から選ばれ、新たな価値や取組、事業が創出されることが期待されます。
私たちは、釜石市民と釜石に関わる人々、そして地域社会全体が、多様性への共感と寛容さを持ち、持続可能なまちづくりのため、特にその担い手である未来世代の子どもたち・若者たちの可能性と主体性を最大限に拓く機会を創造するよう、最善を尽くし、協働してまいります。

<英文>

Over five years have passed since the Great East Japan Earthquake and Tsunami struck on March 11, 2011. Kamaishi's community rebuilding, including the rehabilitation of its citizens' livelihoods, has made steady progress. 
As a public, private and third sector consortium, we have closely worked together to meet the aspirations stated in our June 23, 2014 "Joint Declaration Affirming the Reconstruction of Areas Affected by the Great East Japan Earthquake." 
We have since held a series of discussions with many citizens of Kamaishi City and other stakeholders regarding the future. The result is a five-year community regeneration plan aimed at realizing an "Open City," which will lead to a more sustainable community able to adapt to rapidly changing social and economic environments.
An "Open City" is a community in which all citizens are empowered to pursue their happiness and be true to themselves. The city embraces diversity, promotes a culture consisting of connectivity and engagement, respects differing opinions, and shows resilience in the face of change and challenges.
To realize this shared vision, an environment needs to be cultivated, where all individuals can fully demonstrate their abilities, regardless of age, gender, lifestyle, or other personal qualities. We believe inclusion will transform Kamaishi City into a community known for innovative values, initiatives and vibrant businesses.  
We hereby pledge to build a sustainable and inclusive community, where diversity is respected and where empathy and tolerance are celebrated. Especially, we will strive to provide the city's children and youth the opportunities needed to maximize their potential and autonomy.

締結日

平成28年6月24日(金)

同日に釜石市役所において協働宣言署名式を開催いたしました。 
       
協働宣言に署名した野田市長(左)と中村ジャパン・カントリー・ヘッド(右)