株式会社岩手銀行と地方創生に関する連携協定を締結しました

釜石市と株式会社岩手銀行は、互いに連携・協力し、相互の人的・知的資源の活用と交流により、地方創生の取り組みを推進するため、連携協定を締結いたしました。

連携・協力事項

(1)地域づくり
・ラグビーワールドカップ2019の支援に関すること
・釜石アンバサダーやシティプロモーションの推進に関すること
・空き家等の遊休不動産の利活用の推進に関すること

(2)人材育成
・岩手大学水産系コース学生及び大学院生の学業支援に関すること
・地域の未来を担う若手リーダー及び人材の育成に関すること
・小中高生へのキャリア教育事業の支援に関すること

(3)産業振興
・地域資源を活用した新産業創出や研究開発支援に関すること
・企業誘致や技術革新による産業クラスター化の促進に関すること
・地域の人が輝くコミュニティビジネスの起業及び創業支援に関すること

(4)その他
・市民総活躍でサポートする結婚支援事業の推進に関すること
・クラウドファンディング及び金融商品の提供を通じた地方創生施策の推進に関すること
・その他、目的を達成するために必要と認められる事項に関すること

締結日

平成28年2月3日(水)

同日に釜石市役所において協定締結式を開催いたしました。

  

 

協定を締結した野田市長(左)と田口代表取締役頭取(右)