監査委員は、市長から独立した地位を認められた地方自治法で定める執行機関の一つです。
監査委員による監査等の目的は、行財政運営の健全性と透明性の確保に寄与し、もって住民の福祉の増進と市政への信頼確保に資することです。

当市の監査委員は、条例により2名が選任されています。
任期は、識見選任委員は4年、議員選任委員は議員の任期によります。

区  分

氏  名

就任年月日

備  考

識見監査委員

小 林 俊 輔

平成28年4月1日

代表監査委員

議選監査委員

水 野 昭 利

平成27年10月1日

 

 

◎監査等の種類


監査委員よる監査等の種類は、地方自治法等により次のとおり定められています。
これらのうち(1)の財務監査は、定期監査又は随時監査として実施します。

○監査
(1) 財務監査
(2) 行政監査
(3) 住民の直接請求に基づく監査
(4) 議会の請求に基づく監査
(5) 市長の要求に基づく監査
(6) 財政援助団体等に対する監査
(7) 公金の収納又は支払事務に関する監査
(8) 住民監査請求に基づく監査
(9) 市長又は企業管理者の要求に基づく職員の賠償責任に関する監査

○検査
(10) 例月現金出納検査

○審査
(11) 決算審査
(12) 基金の運用状況審査
(13) 健全化判断比率審査
(14) 資金不足比率審査