意見

県外への長期出張ということで現在、釡石市に住んでいますが、ほとんどのコンビニエンスストアやスーパーなどの販売店・接客業の接客態度がとても悪いです。
この状況でラグビーワールドカップ開催などの際に、県外や国外から来た人たちはどう感じるでしょうか。
私だけではなく、同じく他県から来た多くの同僚も口をそろえて同じ意見を発します。
この状況を市としてはどうお考えなのでしょうか。

回答

市内の小売・飲食・サービス業など、接客業の接客マナーの悪さは震災前からご指摘いただいており、地元での購買低下の一要因となっていると認識しています。
これらも踏まえ、昨年9月にNPO法人プロジェクト伝と連携して、「おもてなしプロジェクト 釡石を魅力的な観光地とするための『おもてなし』講座」を実施しています。
また、昨年10月に実施した釡石市民買物行動調査では、店員の態度、応対、サービスの質が悪いなどの意見もいただいており、結果の概要版を市のホームページで公開しているほか、商店街にも詳細版を配布して、情報提供を行っているところです。
今後2019年ラグビーワールドカップの開催や橋野鉄鉱山の世界遺産登録を念頭に、多くの皆さんが当市を訪れることが想定されます。事業者やボランティアガイドの育成に留まらず、市民が一丸となった受け入れ態勢を構築するため、庁内関係課、関係機関などと連携し、セミナーなどを効果的に企画開催しながら、おもてなし向上に向け取り組んでいきます。

 


【参考】
今後増加が見込まれる観光客に対応するため、釡石観光物産協会の呼びかけで6月20日(土)に観光業に携わる皆さん約30人が集まり、「おもてなし」意識の向上について意見交換を行いました。

意見交換では、団体客や外国人観光客の受け入れ態勢の整備、宿泊施設や飲食店の情報提供、サービスとおもてなしの違いなど、多岐にわたって意見や課題が出されました。特にも、観光客に橋野鉄鉱山について説明ができるように、認識を深める必要があるとの意見が複数出されました。

市および釡石観光物産協会は、今回出された課題の解決に向けて、それぞれの役割を確認しながら取り組んでいきます。また、今後は市民の皆さんを対象としたかまいし「おもてなし」市民会議(仮称)を開催していく予定です。

 

■広報かまいし7月1日号(No.1619) P1 「観光客に「おもてなし」の心を」

http://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/koho/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/07/01/1619.pdf