希望学

東京大学社会科学研究所では、2005年度より研究所全体のプロジェクトとして、希望と社会の相互関係を社会科学の多角的な知見から考察、検証する「希望学」に取り組んでおります。

2006年から釜石市を対象とした大規模なフィールドワークが行われ、2008年11月16日に釜石調査に関する報告会が開催されました。

希望学に関する詳細はこちら(東京大学社会科学研究所HPへ)

 ◎東京大学社会科学研究所の「希望学プロジェクト」の調査研究をとりまとめた書籍が、平成21年4月からシリーズ「希望学」(全4巻)として東京大学出版会より刊行されております。

 

危機対応学

市と東京大学社会科学研究所は、2016年11月、東日本大震災による津波の記憶継承と将来における危機対応を研究するための協働拠点として、危機対応研究センターを開設しました。

 危機対応学に関する詳細はこちら(東京大学社会科学研究所HPへ)⇒http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/crisis/about/01-/